【目的】高齢化が進み血液の需要が高まる中、若者の献血協力者が減少している。献血の必要性を知らせ、献血の協力の輪が広がるように呼びかける。

【対象】三年生、100名

講師は、京都府赤十字血液センター職員、他に舞鶴献血友の会等の方々が参加されました。

IMG_3542 IMG_3543 IMG_3544 IMG_3545

献血の意味、その必要性、そして現状が語られました。

あと半年で高校を卒業する三年生、献血の意義を理解し、協力者として意識が高まることを期待したいですね・・・。

IMG_3540 IMG_3541