教会のクリスマス

12月に入ったとたん、街はすっかりクリスマス一色になります。緑や赤の鮮やかな色彩、流れ続けるクリスマスソング・・。にぎやかなお祭り気分が盛り上がっていますが、クリスマスは元々教会の行事でした。毎年この季節、カトリック教会ではどのようにクリスマスを祝う準備をし、クリスマスについてどのような考えを持っているかを、お話しします。

クリスマスはキリストの誕生を記念する日です

カトリック教会ではクリスマスをどう考えているでしょうか。

カトリック教会で一番大きな行事は、イエス・キリストの復活を祝う復活祭です。その次がイエス・キリストの誕生を祝うクリスマスです。多くの国では日本と同じように、10月末か、11月はじめから、「X’mas セール」「X’masコンサート」「X’masツリー」「X’masパーティー」「X’masプレゼント」「X’masケーキ」「X’masカード」などの言葉をよく耳にします。けれど、このようなクリスマスはまことのクリスマスとは、直接関係しないと思います。このようなクリスマスは商業の色合いがついているように感じます。
まことのクリスマスとはイエス・キリストと関係するのです。人間となられた神の子イエス・キリストの誕生を記念し、祝うものです。聖書の中にはキリストの生年月日は書いてありません。12月25日はキリストの誕生日というより、キリストの誕生を記念して祝う日です。
クリスマス(Christ Mass)という言葉は英語で、Christ=キリスト、Mass=ミサ「キリストのミサ」という意味です。クリスマスの夜、キリストの誕生を記念し、祝うためにミサに出席する習慣から来た言葉です。

クリスマスは神から私たちへのすばらしいプレゼントです

クリスマスになぜ、プレゼントをするのでしょうか。
クリスマスにプレゼントをするのは、ずっと古くからの習慣です。なぜ、いつから、クリスマスに人々にプレゼントをするようになったのかは、私にはわかりません。聖書には、東方の博士たちがプレゼントを携えて、生まれたばかりのイエスに捧げた、と書かれています。けれど、このエピソードが、プレゼントの起源かどうかはわかりません。
私個人の考えを言いましょう。なぜ、人々は、特別なとき、たとえばお誕生日・結婚式・卒業式・めでたいとき、あるいは病気の時などにプレゼントをするのでしょうか。それは、プレゼントが心のしるしだからです。目に見えない心を目に見える形で伝えるものだからです。
よく考えてみますと、クリスマスは毎年神から私たちに与えられている、すばらしいプレゼントなのです。神の私たちへの、愛と思いやりの心のしるしです。クリスマスは、愛の時・思いやりの時・感謝の時・喜びの時なのです。神にも人々にもその気持ちを現すときです。ですから、お互いにプレゼントをするのは、とても意味深いことであり、よいことでしょう。
でも、残念なことに、お互いのプレゼントの交換に忙しく、肝心の誕生日を迎えたご本人へのプレゼントを忘れていないでしょうか。もし、イエス様にプレゼントをするとしたら何を一番お喜びになるでしょうか。