ウズベキスタンにある日本人抑留者資料館の館長、ジャリル・スルタノフ氏、およびそのご家族が、外務省の招聘事業により引揚記念館を訪問されました。そこで行われたスルタノフ氏による講演会に特進コース1年生が参加してきました!

旗を持ってスルタノフ氏を迎えます。

IMGP1532

スルタノフ氏と、タシケント市のナヴォイ劇場建設に実際に従事された新家氏が出会われます。

IMGP1539

その後、スルタノフ氏と新家氏による講演があり、日星高校生も質問をしていました。

IMGP1571

IMGP1578

IMGP1573

IMGP1575

1966年に起こったタシケント地震では、日本人抑留者が建てた建物は倒壊せず、タシケント市民の避難の場となり、命を救いました。そして、現在でも当時の建物は残っており、現役で使われています。それらの建物は現地の人たちにとって、「日本の象徴」として認識されているとのことでした。スルタノフ氏は、抑留の歴史を後世にも伝えていきたい、とおっしゃっていました。

 

その後、1年生と同い年のスルタノフ氏のご令孫が、「ウズベクダンス」を披露。1年生が日本のお菓子をプレゼントしました。

IMGP1583

IMGP1586

DSC06609市長さんともいっしょに

IMGP1561

最後にスルタノフさんは中高生に向けて、「自分の国の文化・遺産を大切に、ふるさとに愛情を持って、自分の道を進んでいってください」とメッセージを送られました。

ウズベキスタンにおける抑留の歴史について学ぶ、良い機会となりました。

お孫さんによるダンス、いっしょに写した写真
こうした若い人同士の交流がひろがっていくことを願います。

????????????????????????????????????