IMG_0004

2011年に東日本大震災が発生してまもなく5年が経過しようとしています。こ
の間、本校では生徒会を中心にして、夏には被災地へのボランティア活動、冬には宮城県名
取市にある幼稚園ぺの支援活動及び訪問を重ねてきました。そして毎年春には「~私たちは
忘れない3.11の集い」を行っています。今年も第5回目の「3.11の集い」を以下の通り企画しました。
今年は地震発生5年目の節目の年と位置づけ、広く学外の方々にもご案内し、
ご一緒に防災について考える時間がもてればと考えております。
年度末の大変お忙しい時期とは存じますが、是非ともご来校いただきますようご案内申し
上げます。生徒向け講演会への参加も可能です。保護者の皆様もどうぞお越しください・

1 実施日;2016年3月14日(月)

2.講 師;斎藤幸男 先生 (元石巻西高等学校校長,現仙台大学教授)
2013年12月、津波により被災した大川小学校跡を斎藤先生に案内していただきました。
その際、この小学校で先生の教え子が亡くなられたことを聞かされました。
そんな思いもあってか、先生の防災に対する考えにはひとかたならぬ熱意を感じました。
その思いをまたお聴きしたいものです。

3.時間帯及び内容・場所-
◇生徒向け講演会 10:45~12:15
テーマ;「災間を生きる君たちに ~被災地から未災地へ~」
場 所;日星高等学校講堂

◇教職員向け講演会 13:15~14:15
テーマ;「命と向き合う防災教育 ~こころのケアと心のサポート~」
場所;日星高等学校専攻科ホール

※ 尚、・斎藤先生の講演会は、市民向けに別紙チラシの通り3月13日(日)にもあります。
14日ご都合がつかない方は、是非13日にお越しください。
(お問い合わせは、目星高校 0773ー75ー0452 斎藤亮壽まで)