おすすめの二つの映画

コメントを残す

「海難1890」
1890年和歌山の串本沖で遭難したトルコ海軍の「エルトウールル号」の被災者の救護と看病に当たった日本人の真心、そして1985年 イランイラク戦争で帰国が困難になった日本人をトルコが救援機を派遣し脱出をサポートしてくれたという歴史から見えるもの。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B5%B7%E9%9B%A31890
http://www.kainan1890.jp/

「杉原千畝」
第二次世界大戦の最中、リトアニアの日本領事になった杉原千畝が、
ドイツ占領下ユダヤ人への弾圧を強める中、ビザを独断で発行し、5000人以上のユダヤ人を救った。
実話です。
http://www.sugihara-chiune.jp/special.html

どちらも真心の大切さ、勇気を与えてくれる映画です。
舞鶴の八千代館で上映中(2月中)
ご家族で是非ごらんください。

情報科、教育用SNS「edmodo」を導入しました

コメントを残す

今学期、看護科1年生では、情報の授業で教育用SNS「edmodo」を導入しています。

edmodoとは、先生と生徒が登録した上で学習活動の道具として利用できる教育向けSNS。
Facebookの使い勝手に近いが,次のような特徴があって,授業や学習活動に取り入れやすい。
1) 閉鎖的なコミュニケーションシステム  2) 生徒から先生以外の個人宛てには投稿できない  3) グループの平場でのやり取りが基本・・  5) 生徒登録にメールアドレスは必要ない ・・  7) 「課題」「アンケート」「クイズ(小テスト)」「アラート(緊急連絡)」機能がある  8) iOSとAndroidアプリが用意されている(Neverまとめ:http://matome.naver.jp/odai/2136547862257972101より抜粋)

一般のSNSとは違い、見知らぬ他者との不必要な接触は避けられる上、生徒間でもプライベートなやり取りはEdmodo上で発生しない。小さな単位のコミュニケーションを先生込みでサポートできる。

上記のようにメールアドレスなどの個人情報は必要なく、各自のスマートフォンや各家庭のパソコンからでも登録や内容の確認ができる上、他アプリを併用することで課題の提出などもできることから、今学期は、協働的な学習というよりも、授業での重要ポイントやテストに出題される内容の確認、授業アンケートなど反復学習の道具の1つとして活用しています。

ICT教育が取り上げられてきている昨今、このようなツールも大いに活用していきたいと思います。

edmodmo