最近の予測不可能な気象状況のもと、安全な練習を心がけるため、今年も野球部が救急法を体験しました。

DSC05838 DSC05840 DSC05841

DSC05842 DSC05843 DSC05844

DSC05845 DSC05846

【生徒の感想】

◇ 高校野球では、いつ何があるかわからないし、顔や心臓にボールが当たって心停止の可能性があります。そのような時に今日やった経験が活かせたらいいと思いました。AEDの使い方も知れて良かったと思いました。一人でも多くの命を救えるようにこの経験を忘れないようにしたいです。

◇ 今日の話を聞いていて、人の命を助けるために、勇気を出して倒れている人に声をかけることが大切だとわかりました。また救急車が通る時には邪魔にならないように心掛けたいです。実習でした3分間は長く感じました。今日の体験をこれからの生活に活かしていきたいと思います。

◇ 胸骨圧迫やAEDなどの勇気ある行動をすることで、一つでも多くの命が救えるのでこれからは積極的にかかわっていきたいと思います。グランドの上では、見ているだけではなく、常に周囲に気を配った行動をしていきたい。

***

良い体験ができました。