今日は、宗教講話2回目です。(2016年6月20日)
前回、聖書から パウロさんの「一つの部分が苦しめば、すべての部分が苦しみ、一つの部分が尊ばれれば、すべての部分が共に喜ぶのです。」という所をお話ししました。
今日もまた、「私たちはひとつの身体である」というお話と「赦す」というお話をしたいと思います。
IMG_9027
 先日の体育祭では、一人一人がもっている力を精一杯発揮しましたし、みんなの心がつながった感動がありました。
100M走で、1年生が途中でころびました。足が不自由だけれども、すぐに起き上がって最後まで走り抜きました。どの色からも「頑張れー」という声援がありました。ゴールした後も、審判係の人が、武田君にかわってカードを箱に入れに行ってくれていました。
また、3年生(紅組女子)が1000m走で、足が痛くて悪く最後から苦しそうに走っていました。その時、黄色の男子2年生が、みんなの応援を代表して、黄色の旗をもって、ゴールまで伴走をしていました。みなさんからも大きな拍手が湧きました。とても感動的な場面でした。
そうしたことが自然にできるみなさんを素晴らしいと思います。
みなさん一人一人は、ばらばらの身体をもっています。けれど、その身体が、関わり合うことによってつながり、つながることでひとつの身体に、ファミリーになっていくのだと思います。
IMG_9025
 さて、アメリカのオバマ大統領が5月27日、広島をおとずれました。
原爆を落としたアメリカの大統領が、戦後71年目に被爆地広島を訪れるということに大きな意味があったと私は思っています。
オバマ大統領の演説は、このように始まりました。
「71年前の明るく晴れ渡った朝、空から死神が舞い降り、世界は一変しました。閃光と炎の壁がこの街を破壊し、人類が自らを破滅に導く手段を手にしたことがはっきりと示されたのです。なぜ私たちはここ、広島に来たのでしょうか?  」
 その演説の中で、オバマ大統領は「私たちは、人類というひとつの家族の一部である」と語っています。
we are part of a single human family
演説を続けましょう。
「なによりも、私たちは互いのつながりを見直す必要があります。
「同じ人類の一員としての繋がり」を。
私たち人類は、過去で過ちを犯しましたが、その過去から学ぶことができます。えらぶことができます。子供達に対して、暴力や戦争ではない別の道もあるのだと語ることができます。

 その物語は、被爆者の方たちが教えてくれます。

ある女性は、原爆を落とした爆撃機のパイロットを憎むのをやめ、許しました。
自分が、本当に憎んでいたのは「戦争それ自体だった」と悟ったからです。
ここ廣島で殺されたアメリカ人捕虜の家族を捜し出した被爆者の男性がいます。
家族を失う悲しみは自分も、アメリカ人の遺族も変わりないからといって。

人にはそれぞれかけがえのない価値があります。
すべての人の命は、かけがえのない価値があり、ひとつひとつが大切な命です。
そして私たちは「人類という一つの家族の一部である」という考え方です。
この根源的で、本当に求められている価値観、これこそが、私たちが伝えていかなくてはならない物語です。
だからこそ私たちは、広島に来たのです。
私たちは、愛している人たちのことを考えます。
たとえば、朝起きてすぐの子供達の笑顔、愛する人との食卓での優しい触れ合い、
両親からの優しい抱擁、
そうしたかけがえのない瞬間が、71年前のこの廣島にもあったのです。
亡くなった方々は、私たちと全く変わらない人たちでした。
もはやこれ以上、私たちは戦争を望んでいません。科学の驚異を命を奪うのではなく、もっと人生を豊かにすることに役立てて欲しいと考えています。
予定されていた時間を超える、オバマ大統領の感動的な17分のスピーチでした。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
もちろん、戦争を起こした者には責任があります。また、原爆もまた、天から自然に降ってきたのではありません。原爆を落とした責任が、無くなることはないでしょう。大統領のスピーチに謝罪の言葉がなかった。反対に、原爆が戦争終結を早めたというアメリカの見方もまだまだ多くあるでしょう。
けれど、私は、内外の様々な利害を超えて、核兵器を無くすために「廣島へ行こう」と、自ら勇気をもって決断されたオバマ大統領に敬意を表したいと思います。
 スピーチ終えたあと 坪井すなお さん(91)、森重昭さん(79)という2人の被爆者に歩み寄り、言葉を交わし、森さんを抱きしめたオバマ氏。
「広島では、捕虜となったアメリカ兵も原爆犠牲者として追悼の対象になっています。彼らを含めた全犠牲者の追悼の意味でも、核をなくす祈りを広島から発信してください」
アメリカ兵の捕虜もまた原爆の犠牲者である――ほとんど知られていないこの事実は、オバマ大統領が抱いた森重昭さんその人によって発掘されたものだったのです。そうした被爆者の思いがオバマ氏の思いとつながり、大統領の広島訪問を実現させたのではないでしょうか。もし私が、原爆によって家族を失ったとしたら「亡くなった者を返せ」、「犯人を死刑にせよ」、と思うでしょう。これが遺族感情というものです。しかし、いくらもがいても、状況は何も変わらず、憎しみを抱えたまま時間だけが過ぎていきます。それもまた悲劇です。
  キング牧師がこう言っています。
「暴力は暴力を、憎悪は憎悪を、強情は強情を生むことを人は知るべきだ。これは悪循環となる。人間はらせん階段を落ちて行くように落ちて行き、ついには一人残らず破滅してしまう。だから、誰かが分別と道義とで、世界の憎悪と悪の連鎖を断ち切らなければならない。しかも、愛をもって」
聖書では、パウロさんがエペソの教会の人々に対してこう言っています。
「お互いに親切にし、心の優しい人となり、神がキリストにおいてあなた方を赦してくださったように、互いに赦しあいなさい。」
コロサイの教会の人々に対しても「互いに忍び合い、だれかがほかの人に不満を抱くことがあっても、互いに赦し合いなさい。主があなた方を赦して下さったように、あなたがたもそうしなさい。」と宣言しています。
この二つの聖書の言葉の鍵となるのは、神が私たちを赦してくださった。だから、人をも赦さなければならないということです。なぜ、赦すのか?なぜなら、私たちもキリストの十字架によって赦されたからです。とキリスト教会では教えています。
主の祈りに、「私たちの罪をお許しください。私たちも人を許します。」と唱えます。
なかなかできることではありませんが、加害者と被害者が、憎しみをもって向き合い続けるのでなく、こうした言葉を実行された方々。「原爆を落としたパイロットと出会い許された被爆者の思い」を心に刻みたいと思います。
IMG_9028 IMG_9029
 広島や長崎の原爆は、日本人の上だけでなく、捕虜となったアメリカ人、兵士や工場で働かされていた朝鮮の人々の上にも落ちました。5000万とも8000万とも言われる第二次世界大戦の犠牲者には、国境はありません。
家族を失う悲しみは、自分も相手の遺族も変わりがないのです。
 私たちに愛する家族があり、おはようといいあえる友がいる。
同じように、71年前の広島の子供たちにも、また、今尚、戦争の中にある子供たちにも、
地震や津波で家族を失った子供たちにも、そうした平和があったということ、を忘れてはいけないし、私たちもまた同じ時代に生きているということを。私たちもまた日星という「一つの家族の一部」です。
私たちが、日々のくらしの中で、互いに関わり合いつながっていくこと
いたわり合い、許し合える関係を築くこと、そして思いを行動に移していくことがオバマ大統領の思いにつながっていくことではないでしょうか。
 少し、黙想して終わりましょう。