東北ボランティア3日目、” あっと言う間でした”

コメントを残す

ボランティア3日目終了しました。今日は1日イチゴ農家で苗の剪定作業でした。細かい作業で神経を使いましたが、これはほんの一部の作業で、何百倍もの手間暇かけてイチゴが育つことを知り、これからはしっかり味わって食べたいと思いました。

東京純心高校の生徒達と話しながらの作業で、仲も深まり、大変な作業も少し楽な気持ちになりました。

3日間のボランティアが終わりました。あっという間の3日間でした。
これからかりたすに帰って、名取へと向かいます。

image image image image image

米川ベースに帰り、今日行った農家で以前にいただいたという美味しいイチゴジュースを飲み、ちょっとお腹も心も満たされました。ホッとしたのもつかの間、米川ともお別れし、いざ名取へと出発です。

田向さん感想、被災地で働いている人達の気持ちになって、一緒に働くことができた3日間でした。
大野さん感想、現地の人達の、自分達の作った物を食べて貰いたいという気持ちがよくわかりました。
藤井さん感想、社会は循環していて、自分その中の一員であること、そして不必要な物は何一つないことを強くかんじました。

やっぱり現地に来てみないとわからないことだと思います。
また機会があれば来たいと思います。

救命訓練新聞記事

コメントを残す

IMG2

産経新聞7月28日