​舞台は、山里の退屈でしきたりにつかった日々から抜け出し、今度生まれる時は、都会のイケメンの男子!と叫ぶ三葉と、東京で暮らす瀧、二人の高校生が夢の中で入れ違いだんだん現実世界でも入れ違い。そこで出会う当たり前の日々が、1000年に一度という彗星の出現を背景にとんでもない方向へ   誰かを求め続ける切ない青春ドラマでもある

http://www.kiminona.com/review_campaign/comment.html