50分の試験時間をいっぱい使って取り組めるよう時間に余裕をもたせ

チャイムとともに試験がスタートしています。

ふだんの学習の成果を測る機会でもあります。