講師は毎年お世話になっている岐阜大学教授 近藤真庸 教授

img_6658 img_6659

img_6660

【生徒の感想】

◇一番印象に残ったのは、「友達が一人できれば、一日長生きできる」という言葉です。病気は治療や薬が大事だけど、それだけでなく周りの人、例えば友達や恋人・親などの支えが本当に大切なんだと分かりました。これは病気だけではなく、生きるための勇気や力にも繋がる事だんだと思いました。

◇自分でネットや本などを読んでさらに知識を深めようと思いました。そしてエイズに関係なく、将来自分が深刻な病気にかかった人に出会ったとき、その病気についてよく理解し、寄り添って支えてあげられるようになりたいです。