今年のトピック 伊調姉妹来校!

コメントをどうぞ

5

%e6%96%b0%e5%b1%b1

12月10日三村先生のお誘いで、伊調千春・馨姉妹が来校。野球部のみんなでお出迎えし、ちびっ子に激励をいただきました。新山君も二人のメダリストに囲まれて緊張でした。
新山君は、12月に開催されたJOC杯全日本ジュニア選手権のブロック予選で3位に入賞。
大会に出場する権利を獲得しました❗
1月の27日からの全国選抜大会の近畿ブロック予選に出場します。
勝てば春の全国選抜大会に出場できるチャンスです。頑張ってほしいです❗

この流れを2017年につなげましょう!
みなさんお世話になりました!

今年のトピックス 吉田沙保里選手来校

コメントをどうぞ

一流との出会い、ふれあい 吉田沙保里選手、栄監督とJC50周年記念行事で来鶴
会場となった日星高校でのトークは11月19日記事を参照ください。

今年のトピックス フィリピン訪問

コメントをどうぞ


パナイ島にあるCPU大学を訪問
玄関に大きな歓迎がありびっくりしました。

亀井君が学校を訪ねてきてくれました。

コメントをどうぞ

%e4%ba%80%e4%ba%95%e5%90%9b

横浜DeNaで頑張っている亀井塔生君が、学校を訪ねてきてくれました。
来年で育成3年目となります。「プロの世界は厳しいです」と語っていました。
たくましい表情に希望を見ました!頑張れ本物!

総合コース、2年生「情報の科学」でも2つの取り組みを行いました(2学期)

コメントをどうぞ

総合コース2年生の選択授業「情報の科学」でも、2学期に2つの取り組みを行いました。

選択授業「情報の科学」では、ゲーム作りやゲーム理論を主体として教科書に沿った内容を行っており、その中で必要と思われるソフト等を使用して、計算やシミュレーション、問題解決能力、論理的思考、情報処理などの能力を学び伸ばしていく学習を行っており、以前に掲載しましたedmodoやイモムシ型プログラミングロボ「コード・A・ピラー」もその一つですが、それ以外にも沢山のソフトや取り組みを行っています。

●2年生の「情報の科学」では
①メタセコイアという実際にアニメや映画で使われているソフトを使って、3次元の立体画像を作りました。(Metasequoia 4 は、3DCGや3Dプリント、ゲーム向けの素材制作などに用いる立体形状データを作成するための、ポリゴンベースのモデラーです。作業効率とデータ可搬性を重視しており、趣味から業務まで幅広く使うことができます)。幅・高さ・奥行きを表すXYZ軸という慣れない感覚での立体作りは難しかったようですが、画面上では見えていない部分の細部にもこだわって作られた作品が沢山できました。
meta1 meta2

②アルゴロジックというソフトで、論理的思考と問題解決を学びました。(アルゴリズム体験ゲーム・アルゴロジックは、プログラミングの基本となる論理的思考(アルゴリズム)をゲーム感覚で習得するための課題解決型ゲームソフトです)。順序立てて考えて行くということを実感しながら、それでいて、色々な視点から考えていかないといけないので、数学と国語を足したような感覚でパズルを解いていく難しさに四苦八苦しながら、ゲームを解いていました。
arugo1 arugo2

メタセコイアとアルゴロジックによって、ロジカルシンキングとクリティカルシンキングを鍛えることができ、生徒たちは難しい中でも、ゲーム感覚があるので、やってみようかなという、難しさ半分楽しさ半分で、ロジカルシンキングとクリティカルシンキングを知らず知らずのうちに学んでいたようでした。

総合コース、3年生「情報の科学」で2つの取り組みを行いました(2学期)

コメントをどうぞ

総合コース3年生の選択授業「情報の科学」では、2学期に2つの取り組みを行いました。

選択授業「情報の科学」では、ゲーム作りやゲーム理論を主体として教科書に沿った内容を行っており、その中で必要と思われるソフト等を使用して、計算やシミュレーション、問題解決能力、論理的思考、情報処理などの能力を学び伸ばしていく学習を行っており、以前に掲載しましたedmodoやイモムシ型プログラミングロボ「コード・A・ピラー」もその一つですが、それ以外にも沢山のソフトや取り組みを行っています。

●3年生の「情報の科学」では、
①DOGA-Lというソフトを使い3次元コンピュータグラフィックスと動画を作成。(DOGAは易しいところから、少しずつ段 階的に修得できるように構成された、学習要素の強い、CGアニメーション制作ソフトです)。自分の考えたロボットや動物などをどのように画像として表現するか、またその画像に1つ1つに動きをつけていき、最後にカメラがどう動けばいい画が撮 れるかなどのカメラワークなどを考えて、自分の考える映像の場面場面に合うように自分が総監督となり、作ったものを動かしていくということが難しいようでした。
dsc07518 dsc07519
d1 g1 tank
 ②moonblock(コロコロゲーム工作ブロック)というソフト(サイト)を使い、オリジナルゲーム作品を作ることにも取り組みました。(MOONBlock(ムーンブロック)は秋葉原リサーチセンターで開発された、子供でも遊べる教育用のプログラミング言語です。コロコロゲーム工作ブロックはmoonblockのシステムを使用してコロコロコミックのキャラを使用できるサイトです。また、昨年度実施したScratchとはプログラミングにおけるアプローチの仕方が違い、よりゲームを作っているという感覚で分かりやすくなっています)。スマホアプリ用でもあるソフトであるため、生徒作品の中ではシューティングゲームが多くなりましたが、生徒それぞれの個性あふれる作品が沢山できました。
moon1 moon2

作成したアニメーションやゲームについては、「情報の科学」選択生徒で実際にゲームを遊んだり、アニメを見たりして、みんなで共有し、楽しく理解を深めることができました。

虹が・・・

コメントをどうぞ

img_1098 img_1100

Older Entries