1月27日(金)から13日間、舞鶴に滞在し、日星高校に

登校していましたカナダ生が、本日無事に帰国致しました。

1時間目と2時間目の間の休み時間に、正面玄関よりバスが出発

する予定でしたが、最後の別れを惜しむホストファミリーの皆様と、

たくさんの生徒が集まり、なかなかお別れをすることができません

でした。

見送った後も、涙が止まらない生徒がいましたが、それだけ濃い

時間を過ごしたのだな…と感じました。楽しかったこと、気を遣った

こと、なかなか言いたいことが言えなくて不甲斐なさを感じたこと…

そのどれもが、貴重な経験であり、大いに勉強・成長させてもらい

ました。今回のホームステイや、いっしょに授業を受けたこと等で

感じたことを、これからの高校生活や、進学・就職について考える

一つのヒントにしてくれれればと思います。

ホームステイをお引き受け頂いたご家族の皆様、本当にありがとう

ございました。時間的、経済的、また、お気遣い等の様々なご負担・

ご配慮をいただいたと思いますが、どの生徒も、大変感謝して帰って

行きました。バンクーバーに帰って、家族や友達にたくさん報告する

ことと思います。本当に、皆様方のおかげです。誠にありがとうござい

ました。

カナダ生が、泣きながら笑顔で帰ったことを忘れません。

dscn0630 dscn0629  dscn0627 dscn0626 dscn0623 dscn0632 dscn0633