ホームステイを受け入れて

コメントを残す

カナダ・セントパトリック校からのホームステイを受け入れた生徒と、そのご家族の感想です。


【生徒の感想】

・伝えたいことがお互い伝わらずにモヤモヤすることもあったけど、伝えることができたときの嬉しさは大きなものでした。言葉の壁は簡単には壊せないけど、少しずつの努力は大切だと思いました。すごく楽しい2週間でした。

・英語で会話することだけでなく、互いの国の文化の違いについて話し合い学べた良い機会でした。

・話す言葉は違うけれど、ジェスチャーや単語などを使えば、少しは意図を伝えることができるものだと思った。

・少しでも多く日本の文化を体験させてあげたいと思い、自分にできる限りのことをしました。

【ご家族の感想】

・楽しく充実した2週間でした。言葉が通じずアプリを通しての会話になることもありましたが、子どもたちは笑顔で過ごしていました。お互いに慣れてきた頃にお別れとなり、涙のお別れとなってしまいましたが、出会えたことに感謝したいと思います。本当に良い娘さんでした。彼女の成長も見守りたいと思います。もう一度会いたいと思います。今、とても寂しいです。

・一緒にワールドニュースを見て、一緒にアメリカの移民政策について考えたりと、娘にとって貴重な体験ばかりでした。

・最初は不安が多かったですが、来てくれた生徒さんがとても良い子で、お互い言葉の壁を乗り越え理解し合おうと努力し歩み寄り、夕食の時など、みんなで大笑いして過ごすなど、あっという間の楽しい日々でした。帰国されてから、カナダのお母様よりお礼のメールが届きとても嬉しく思いました。このような機会をいただきありがとうございました。

・ホームステイを受け入れることとなり、大急ぎで受け入れの準備をして、心躍る思いでマッチングの時を待ちました。それからはあっという間に過ぎ去った12日間ではありましたが、緊張感と期待感と戸惑いの中、私たち家族にとりましても、自らのことや日本について改めて振り返る良い機会となりました。このような貴重な時間を過ごさせていただき本当にありがとうございました。カナダの方にとりましては、日本で過ごした時間が、心に残る有意義な思い出となっていますことを心より願うばかりです。DSC_0006.JPG

 

食事についての講習会が行われました

コメントを残す

「なりたい自分を実現する食事」をテーマに、株式会社明治の青山様よりご講演をいただきました。

体作りのメカニズムや、5大栄養素とスポーツの関係、体力をつけるための食事の大切さ、補食のタイミングなど、運動部の生徒にとって大変勉強になる内容でした。

皆真剣に聞き入っていました。

最後に、クイズです。この漢字は何と読むでしょうか??

dsc_0730

今週は卒業式週間、卒業生が今日から登校

コメントを残す

今週23日(木)は卒業式。その準備のために卒業生が今日から登校しています。

img_2197 img_2198

img_2199 img_2200

式の練習の他、社会人教育講演や西舞鶴教会で祝福も受けます。

 

探求学習における看護情報発表会が行われました。

コメントを残す

2016年度の看護科1年生と3年生の看護情報発表会が先日行われました。

今年度も看護や医療に関することで自分達が気になることを、問いをつくるスパイラルという方式で自ら考えながら探求していき、最終的に出てきた問いをテーマとして、発表を行いました。(※参考文献:『問いをつくるスパイラル』(日本図書館協会図書館利用教育委員会図書館利用教育ハンドブック学校図書館(高等学校)版作業部会編著))

与えられたテーマではなく、自らが考え出したテーマであるため、自分が気になることを調べまとめるということで、普通の授業でよくあるような「やらされている」という感覚とは違うために少し戸惑いもありましたが、自分の興味のあることを発表日程までの準備を自ら調整しながら、頑張っていました。

発表テーマは「災害医療」・「発展途上国での感染症」・「医療事故」・「終身医療」・「音楽療法」・「障害と家族」など医療現場でよくあげられるようなことだけでなく、「ナース服」・「養護教諭と看護師」・「子どもの薬」・「マタニティヨガ」・「新生児集中ケア認定看護師」・「医療ドラマ」といった、少し気になるような何気ないテーマを発表してくれた生徒もいました。

(3年生の発表の様子:左から「臓器移植について」「打撲について」)
dscf2317 dscf2321 dscf2324

(1年生の発表の様子:左から「災害看護」「医師や看護師は難病患者にどのように接しているか」)
dscf2329 dscf2333 dscf2338

生徒の感想では、「大変だったけど、自分の気になることだったので、興味を持って調べることができました」、「将来、看護師として役に立つことを調べることができて良かったです」など、自らの問いを探求し、テーマとすること、また、人の発表を聞くことで実際に看護師になったときに今回の発表での情報が役立つときが少なからずあることでしょう。

君よ生きて!応援隊

コメントを残す

img_0009

君よ生きて!応援しよう!

看護師国家試験です。小野寺さんもがんばります(新聞記事)

コメントを残す

2月19日 いよいよ看護師国家試験

これまで頑張ってきた成果を発揮するとき

37名の5年生が大阪へ向かいました。

がんばってください。

小野寺さんもがんばります(京都新聞18日号掲載)

img

 

舞鶴市長の講演会がありました。

コメントを残す

本日5時間目総合学習の時間に、舞鶴市長多々見良三様による講演会、「ふるさと舞鶴講義」が行われました。

内容を一部ご紹介します。

 

 

”「夢」と「志」の違い”

単に○○になりたい!は「夢」、他人の役に立つために、自分の目標達成に取り組むことが「志」です。将来就職する際に、「志」が最も大切です。例えば市長の場合、

「医師になりたい」という「夢」ではなく、「病気で苦しんでいる人を救うために医師になる」という「志」を持って医師になられました。また、

「市長になりたい」という「夢」ではなく、「地域医療問題の解決や、舞鶴を元気にするために市長になる」という「志」を持って市長になられました。高校生においては、単に「○○大学(会社)に入りたい!」ではダメなのです。進路は、「志」の実現のために考えるのです。

 

 

生徒も真剣に聞き入っていました。自分の進路選択を見つめ直す良い機会になりました。

dsc_0722

Older Entries Newer Entries