カナダ語学研修第10日目 その2

コメントを残す

楽しいセレモニーが終わったあとはそれぞれのホームステイ先に帰りました。あのスライドショーを見た後だからなのか、ホストファミリーともっと話したいと思いました。今日あったことを出来るだけ文章にしてホストファミリーに伝えました。そして、もっと仲良くなりたいと思ったのでトランプをしませんか?と誘ってみました。神経衰弱(ホストファザー曰く、英語ではMemory )をして、ホストファミリーとの新しい思い出ができました。それが終わったころに夕食の時間でした。今日の夕食はピエロギ(英:perogie)でした。ホストファザーが言うには、とてもカナディアンな料理らしいです。チーズを付けて食べるのが美味しかったです。
夕食のあともトランプを使って遊びました。大富豪というゲームしたのですが、ホストファミリーはこのゲームを知らず、説明するのが難しかったです。絵を描いたり、ゲームをしながら説明したり色々工夫をして伝わったことが嬉しかったです。みんなが楽しんでくれたのでよかったです。そのあとは、明日の出発にむけ、準備をしました。荷物の片付けをしているうちに帰りたくない、という気持ちが出てきました。この11日間そんなに日本が恋しくなったことがなかったのでカナダにずっといたくなりました。片付けが大体終わってホストファミリーに最後のおやすみを言いました。
とうとう明日日本へ帰ります!
長いフライトになると思うので、今日はぐっすり寝たいと思います。

カナダ語学研修第10日目 その1

コメントを残す

今日はサハリ高校に行ける最後の日でした。いつも通り通学バスを待っている時、これでサハリの人ともお別れかと思うとなんだか寂しくなりました。学校に着くとバディがお迎えに来てくれて3時間授業を受けました。時間よ止まれ!!と必死に心の中で願うも、あっけなく時間は過ぎてしまい、今までは長いとしか思わなかった授業があっという間でした。
最後だと言うことで時間を見つけ、お礼に日星のタオルとメッセージカードを渡しました。気に入ってくれたようで中には頭に巻いてくれている人もいて嬉しかったです。また、自習の時間にバディがくれたお菓子の包装紙を使って鶴を折りました。バディや周りにいた人たちが興味を持ったようで欲しいと言ってくれたのであげました。すると、バディがお礼にと言って私にも鶴を折って返してくれました。鶴の折り方を知っていた事にも驚いたし、折ってくれたことがとても嬉しく、何だか温かい気持ちになりました。言葉が通じなくて中々話せなかったけど、この出来事ですごく距離が縮まり、最高の思い出となりました。
授業を終えた後お別れのセレモニーをしてもらいました。カムループスに着いてからの思い出をまとめたスライドショー見せてもらい振り返りました。みんなキラキラの笑顔の写真ばかりで、時間を戻せたらなぁと思いました。プレゼントでスライドショーがコピーされたUSBを貰いました。家に帰ってからまた見返したいです。スライドショーのあとはみんなでケーキを食べたり写真を撮ったりしました。やっと仲が深まってきたところなのにお別れするのはすごく辛く、また、その気持ちをしっかりと言葉にできない自分の英語力の無さに嫌気がさしました。でも、ありがとうと言う気持ちはしっかりと伝わっていたと思うし、みんなで楽しい時間が過ごせて良かったです!