『地域のため! 舞鶴のため!』 (総合 Y.O) 《舞鶴市役所》 

私は日星野球部で3年間野球をしてきました。日星の野球部は、地域の人にも応援や支援をたくさんしてもらい、最後まで頑張ることができたと思っています。そのお礼の意味も含めて、私は地域のため、舞鶴の皆さんの為になる事をしたいと思い、市役所の受験を決めました。  受験に向けては、引退してから必死で頑張ったのですが、まずは公務員試験の問題集を買い毎日問題に向かいました。中でも一般教養は分からないことが沢山ありました。数学について、担当の先生に指導を仰ぐと快く引き受けてくださり、遅くまで教えてくださいました。面接や討論の練習も熱心に指導していただきました。舞鶴の歴史や文化についての知識もいっぱい教えていただきました。  今の日星高校では、生徒の希望進路の実現の為に、先生方がとても熱心に全力を尽くしてくださいます。私も日星高校でなかったら、あの時の先生方の暖かくも厳しい熱心な指導がなかったら、市役所には絶対に合格してなかったと思います。叶えたい夢があるなら、ぜひ日星高校で頑張ってみてください。

『ヤルときは全力でチャレンジ!』(総合 W.Y)《京都府漁業協同組合 事務職》 

私は京都府漁業協同組合に就職することができました。私が進路を就職に変更したのは、三年生の夏頃でし

た。それまでは進学を考えており、なりたい職業や取りたい資格など自分の中でありましたが、なかなか決めきれませんでした。それなら、一足先に社会に出て色々な経験がしたい!と思い、思い切って進路を就職に変更しました。就職先を選ぶ時、進路の先生方が色々な会社や企業に声を掛け、たくさんの就職先を取ってきて下さいました。その中に漁協の事務職があり、漁協の話は家族からも聞いていたので興味を持ちここを受験しようと決めました。たくさんの先生方が何度も何度も面接練習に付き合って下さったので、次第に話せるようになる自分の変化に気づき、徐々に自信を持つことが出来ました。あと、就職出来るようにやれることは全てやろうと思いました。私は元々髪の毛が長かったので、髪の毛をバッサリと切り、印象をガラリと変え、面接で爽やかな印象を持ってもらえるようにショートカットにしました。それぐらい必死になれたからこそ、無事に内定を頂くことが出来たのだと思います。  最後に、面接練習に根気よく付き合ってくれた先生方や、一緒に気持ちを高め合えた就職希望の友達、進路を変更しても応援してくれた親、私の就職に関わって下さったたくさんの人達に感謝しています。いつまでもこの気持ちを忘れず、春から新社会人として頑張っていきたいと思います。