『地域のために頑張りたい!』 (総合 S.T) 《日本郵便株式会社》 

私の内定先は日本郵便株式会社です。就職をするという進路を考え始めたのは高校3年になった頃です。高校では野球部で頑張りました。夏の大会ではベスト8を決めるサヨナラヒットも打つことができ、大学で野球を続けようかと悩んだ時期もありましたが、野球人生でやり残したことはなかったので、一足先に社会人になろうという思いで、就職を希望しました。  就職先についてはいろいろ悩みましたが、舞鶴で地域のために頑張りたいという気持ちが強くあり、最終的に日本郵便に決めました。進路担当の先生方が元々なかった枠をとってくださったことも大きな後押しになりました。  受験をするにあたって一番効果があったと思うことは面接練習です。面接練習は質より量をこなしていたので、受験の本番の時にはあまり緊張しませんでした。やればやるほど確実に上達するので、数多く練習することが大切だと思います。

 

『普段の生活態度から』 (総合 U.M)《ジャパンマリンユナイテッド》 

私は求人票の中から、JMUジャパンマリンユナイテッド株式会社を選びました。先生方の指導で合格するために必要なことは、どんなことでも頑張ろうと思いました。受験を決めてからは普段の生活態度をより良くしようと心がけました。今までも普通に頑張ってはいたのですが、それ以上に身だしなみを整え、授業を積極的に受けました。

 最も力を入れて取り組んだのは、面接練習です。面接練習をしてくださる先生方が日によって入れ替わり指導していただき、様々な意見をいただくことができました。その意見をしっかりと受けとめ、練習を重ねた成果を本番で十分生かすことができました。  試験当日はあまり緊張もせず、学校での練習の方が遙かに厳しかったと感じ、リラックスできる状態でした。そのおかげで内定をいただくことができました。これも先生方やまわりの皆さんの支えがあったからだと思って感謝しています。

 4月からは1人の社会人として、ジャパンマリンユナイテッド株式会社で精一杯働かせていただこうと思います。