8月29日午後4時ごろから東洋大学の国際地域学部国際観光学科のゼミの皆さんと須賀先生が日星高校を訪れ,研究発表をされました。特進コース1・2年生と総合コースも含め,3年生の有志たちが参加し,研究発表の内容を聞かせていただきました。
東洋大学は東京にあるにもかかわらず,このゼミでは舞鶴の研究をされているらしいのです。舞鶴の引き揚げの歴史だけではなく,海の京都と呼ばれる広い地域の一つとして,市の観光産業の在り方についての研究などもされているようです。
Destination marketing/management organization(DMMO)と言って,「当該地域の観光資源を生かして地域と共同して観光地域づくりを行おうとする法人のこと」を言うそうです。地域創生の手段として今注目を浴びているそうです。
大学生たちが我々以上に舞鶴のことをよく知っておられるのには驚きました。また高校生と大学生の小グループの意見交換会もあり,生徒たちはとても充実した顔をしていました。
「大学生のプレゼンテーションに負けじ」と高校生たちも皆の前で頑張って発言をしていました。「東洋大学のみなさん。これからも末永くお付き合いいただきますようよろしくお願いいたします。」