明楽さんのコンサート「音楽でつなぐ日本海の文化」

コメントを残す

14日に明楽(あけら)みゆきさんのコンサートに参加

「音楽でつなぐ日本海の文化」
チェンバロは、日本に宣教師が持ち込んで、なんと信長や秀吉も愛でたという昔ながらの楽器。明楽さんが、当時、北前船が、交易で日本海側の町をつないでいたことにちなみ、チェンバロ演奏とともに北前船プロジェクトとして、町をつなぎ、ラジオでもつないでおられます。すてきな出会いがありました。

明楽みゆきさんのチェンバロ演奏にうっとり

コメントを残す

     

初めての生チェンバロに生徒たちも感動。演奏の後、チェンバロを間近に見て、またまた感動。柔らかな音は細い弦を小さな爪で弾いて出ます。3ミリほどの爪は、カラスの羽の硬い所から作られていました。それをメスで薄く削って(0.03ミリに)しなやかさを出していますとのお話を聞きました。

演奏後、順番にチェンバロをみせていただきました。その繊細で優雅な造りにまた感動でした。ありがとうございました。