プログラミングが学習できるドローンAirBlockを3年生の選択授業「情報の科学」で使ってみました。
今回は実際にプログラムを組んでドローンを飛ばしてみました。

最初はプログラムの流れや命令の意味などを考えながら先生が作った見本を真似て飛ばしてみました。

次に、「1.空中で一回転して着地する」、「2、空中で旋回して戻ってくる」という2つの課題を行いましたが、グループでイメージしつつ相談しながら、プログラムを組んで飛ばすことができ、飛ばすことができた時には歓声が上がるほどで、プログラミングの楽しさとドローンの楽しさを実感しているようでした。