同じ看護師という夢をもつクラスの仲間がいたから
卒業を迎えた今、5年間を振り返ると本当に充実した日々であったと感じています。
中学3年生で看護師になる事を決意し 大きな期待と不安を胸に日星高校へ入学、夢に向かって大きな一歩を踏み出しました。
3年間の高校生活は学業のみでなく行事やクラブ活動を通して、多くの人との出会いがあり、私たちの高校生活を彩ってくれたとともに、人としての成長を助けてくれたと思います。
専攻科に進級すると、さらに専門的な看護の学習となり、学ぶべき事の多さや深さに何度も心が折れそうになりましたが、人の健康や命を守っていくのだという使命感とお互いに助け合える仲間の存在があって乗り越えることができました。

特に、臨地実習では自分の知識や技術の未熟さを痛感しましたが、それ以上に学ぶことも多くあり本当に充実していました。
援助中、自分の関わりで患者様の容態が悪くなったらと思うと不安とプレッシャーで自分の事ばかりを考えていました。そんな中、指導者さんのアドバイスで 一番今苦しいのは患者様であることに気づき 今の私にできることは 患者様の側で手を握り 声をかけることだと思い、そばで同じ時間を過ごしました。
ナイチンゲールの言葉の中に、看護の出発点は、今そこにいる人の気持ちを知ることにあるという意味の言葉があります。
看護師として,また一人の人間として常に相手の気持ちや思いに目を向け、患者様の力になりたいと思い寄り添う気持ちは必ず相手に伝わるのだと信じて、目標とする看護の実現に向けて尽力したいと決意した実習でした。
このような実習も頑張ることができたのは、同じ看護師という夢をもつクラスの仲間がいたからだと思っています。悩んでいる時も一緒に悩んで考えてくれたこと、楽しいことも辛いことも5年間一緒に分かち合ってきた仲間に「ありがとう」と心から言います。
今この場に立てているのは、ご来賓の皆様をはじめ熱心に指導して下さった実習指導者様、私たちの未熟なケアにも「頑張って」と励ましてくださった患者様、いつも明るく疲れて我がままになってしまう私たちをそっと包んでくれた家族の支えがあったからだと思っています。

そして、つまづけば手を差し伸べ、時には背中を押し見守ってくださった先生方。元気がないことに気付いてすぐに声をかけてくださったこと、一緒に悩んで考えてくださったこと、いつも私たちのためにと優しく時には厳しく指導してくださったこと・・・決して忘れません。本当に感謝の気持ちで一杯です。ここで過ごした月日は私たちの誇りです。
看護科5年課程卒業生代表 濱岸一愛 (卒業式別れの言葉より)

2017年度      卒業式 式辞

続き