看護科1年生の感想(その1)

【看護科1年生】
「勉強に目を向けて」
・校長先生の話はとてもためになりました。
これから気持ちを入れ直して頑張って行きたいです。
・校長先生の言われる通りだと感じました。後回しにするのでなく、5年後を見据えて今からコツコツと勉強したいです。
・今まで勉強がとても苦手でなんでこんなのをしなくちゃいけないのだろうと何度も思っていましたがこの話を聞いて勉強することの大切さを知れました
・私たちの五年後の試験についておっしゃっておられたのが印象的です。試験内容で「場合によって行動する問題」が出題されたと聞いて場合によって動くことができる看護師が求められていることが詳しくわかりました!
・勉強は、グループで話し合ったりして見たり考えたりすることが大切なんだと思いました。
「今でしょ!」「今を大切に」
・校長先生の「今でしょ!」がめちゃ印象的でした。私も今でしょを大切に、なにをするのにもはやく実行したいです。
・校長先生のお話を聞いて、「今でしょ」という言葉が一番印象に残りました。また、看護学習で交流するときにただ人の意見を聞くだけではなく、自分の意見もしっかりと言って話し合いをする大切さを知りました。そして患者さんと向き合えるようにたくさん学んでいきたいです。
・今しかできないことや、いましないと後悔することがたくさんあるから、今日から勉強とか頑張ろうと思った。今求められている看護師になれるように頑張りたいです。
・私は校長先生の最期の””今でしょ!””という言葉が一番印象に残っています。
今しかない瞬間をどう過ごすかも自分次第だと思ったので、今を大切にしてこれから毎日過ごしていきたいと思います。”

続き