先日の豪雨によって、魚屋地区・吉原地区は、伊佐津川が氾濫し、土砂が家の中に入り込みました。

 

私たちができることをと、まず先生達がボランティアにでかけました。

「昨年よりもひどい」と魚屋大森の自治会長さん。泥が、すごい量でたまっていました。

それを土嚢にいれ、運びます。「毎年お世話になります」と喜んでいただきましたが、

毎年のように災害では、住民はたまりません。全国の被災地の方のご苦労を感じます。