豪雨で伊佐津川が氾濫し、土砂の家屋への流入災害や床上浸水した西舞鶴 魚屋大森地区にボランティアに行きました。畳を上げた床にたまった泥は30センチもあります。家の中一杯の泥を掻き出したり、庭にたまった土砂をスコップで土のう袋に入れたりの仕事。    昨日は、先生方で20名、今日は、授業で登校していた4年生33名が授業後に参加しました。4年生は、昨年の9月の台風被害の時も、魚屋大森地区にボランティアに来ています。毎年の災害で大変な思いをされているお家の人の身になり、暑い中大変でしたが、笑顔で任務を終えました。