全国藩校サミット

コメントをどうぞ

舞鶴ゆかりの明倫館は江戸時代末期の藩校でした。全国の当主や藩校が集まり交流するサミット

徳川第18代当主 田辺藩牧野家第16代当主

徳川恒孝氏と  牧野行成氏と

新聞は10月12日市民新聞より

藩校サミットが開催

コメントをどうぞ

台風の影響で雨が降る中、総合文化会館において、藩校サミットが、開催。藩主30数名も。

本校レスリング部のメンバーもボランティアで受付や舞台転換などで活躍しました。明倫小学校児童の論語朗読や西舞鶴高校吹奏楽部と書道部のコラボなど、若者の活躍で会を盛り上げてました。

コメントをどうぞ

寮の前のコスモスも盛りです。

秋です

コメントをどうぞ

秋にもアンネのバラが咲きました。

コメントをどうぞ

文化祭開催間近! 全校生で意気込み確認

コメントをどうぞ

10月5日(金)に今年度も文化祭が開催されます。今日は全校生で朝礼を行い、文化委員長の掛け声のもと、開催の意気込みを確認しました。文化祭では、クラス、クラブ、有志等からそれぞれ舞台発表等が行われます。これからの約10日間は、その発表に向けて練習が行われます。どんな発表をしてくれるでしょうか。

小学校プログラミング教育の「Light bot」を体験しました(総合コース1年生)

コメントをどうぞ

2020年から小学校でのプログラミング教育が必修化されるにあたって現在各地の小学校でプログラミング教育が導入されてきています。その教材の中で高校の「社会と情報」のアルゴリズムを学べるものがありましたので、総合コース1年生の「社会と情報」で実施しました。

Lightbotは、プログラミング学習用に開発されたサイトになります。開発者は、Danny Yaroslavskiさんで700万回以上利用されていると言われています。(Wikipediaより

ゲーム内容は、特定のブロックを並べて、ロボットに命令をして、ロボットをゴールまで導くというシンプルな内容で、プログラミングを学ぶというよりかは、論理的思考を学び、そのやり方・アルゴリズム体験する内容になっています。実際に小学校で実施している小学校もあるもので、対象年齢が小学校低学年から利用できる内容ですので、最初はすごく簡単なのですが、レベルが上がるにしたがって、しっかりと考えないとできない内容になっているので、高校生でも難しく感じるようでした。

無料アプリもあるようで、プログラミングを学ぶというよりも、「ゲームをクリアする」という感覚でやってみるととても楽しく体験することができるようです。

http://lightbot.com/hour-of-code.html

Older Entries