最近日本でもハロウィンというイベントが定着しつつありますが、元々ハロウィンのはイギリスが発祥であると言われており、イギリスでは子ども達が「トリック・オア・トリート」をしに近所をまわったり、水を張ったタライにリンゴを入れて手を使わずにとる遊び「アップル・ボビング」や自家製のイングリッシュマフィン「ソウルケーキ」を作ったりして死者との結びつきを連想させるオーソドックスなものが伝統的に行われています。

そこで今回はソウルケーキの代わりとして、簡単に作れるアメリカンマフィン(チョコレートマフィン)を作ってみました。ホットケーキミックスを使ったので、ほとんど失敗もなく、とても美味しく作ることができました。

キリスト教では11月1日を諸聖人の日『万聖節』とし、ハロウィンはその前夜である10月31日に行われるお祭りです。カトリック教会では諸聖人の祝日は祭日としているが、10月31日のハロウィンは祭日ではなく典礼暦(教会暦)にも入っておらず、教会の宗教行事・公式行事として行われることはありません。
ハロウィンの起源はキリスト教ではなく、イギリスやアイルランドに起源をもつケルト人のお祭りで、古代ケルト民族にとって10月31日は1年の終りを表し、この夜は死者の霊が家族を訪ねてくると信じられていたために、この時期に出てくるとされる邪悪な精霊や魔女から身を守るために仮面を被り、魔除けの焚き火を焚いていたことがハロウィンの始まりといわれています。

キリスト教と関係がありそうで、調べてみると全然関係なかったハロウィンについて面白い歴史を知ることができて、興味深く美味しいお菓子も作ることができました。ハロウィンは過ぎましたがクリスマスまでの食欲の秋にマフィンでも作ってみるのは如何でしょうか。

(放送部では祈り班・動画班含めスタッフを募集しています。興味のある方は放送部員または放送部顧問までお問い合わせください)。