舞鶴市と保健所の「学生と親子のふれあい交流」事業として1年生が「赤ちゃんだっこ」の経験をさせてもらいました。

はじめに、赤ちゃんをだっこしたお母さんと父親役の先生のパネルディスカッション

妊娠中や産後の様子や大変さ。お父さんとしてお母さんをサポートしたことなどのお話を聞かせてもらいました。妊婦体験もさせてもらって重さを実感

2時間目は、赤ちゃん人形で練習した後、本物の赤ちゃんをだっこ

笑顔がひろがりました。


この模様は、KBS京都TVの取材も有り、12月24日の夜に放映予定です。