今日は学校で送別パーティの様なものを開いて貰いました。バディの生徒とは仲が良かったのでとても寂しいですし短い期間ではありましたが、記憶に残る思い出をいくつも作れたのではないかと思います。
午後からはノーカムの生徒と地域のコミュニティセンターに行き、クリスマスソングを皆で歌いました。最初は何も聞かされていなかったので多少は戸惑いましたが、その後のお年寄りの方々や日本人留学生の人達との交流はとても有意義な時間でした。

この二週間という短い時間の中で、私達はどれ程の事を学び成長出来たでしょうか。何かに失敗したり悩んだり、それらは恐らく全員が一度は体験したのではないかと思います。それらを糧として何かに生かす事が出来たのか、今後生かす事が出来るのか。これらは全て、自分次第でどの様にも変化します。

このカナダ留学は長い様で短い様で、けれど一分一秒どれも全てが濃くかけがえのない思い出として残っています。
いよいよ明日が帰国日です。帰って来た時の私達が一体どの様に変化したのか、見届けて頂ければと思います。 (M.Y)