2018年度 環境出張講座 11月20日21日(担当 瀬野寛子先生)

2013年より続く、まいづる市民環境会議と舞鶴市役所生活環境課の皆様による環境講座は、今年も森脇浩氏、有田昌史氏、小川裕汰氏(日星高校卒業生)の3人の講師の先生にお世話になりました。

生徒らの感想です。
(特進3年4組の倫理、総合3年123組の地理受講者の感想から一部抜粋)
・まずは現状の認識をしなくては。
・子どもの頃についた習慣は大人になっても身についているという意味で考えれば、おもちゃ交換会や買い物ゲームというような小さな子を対象とした環境についての学びはたいへん有意義だと感じました。いつも授業では環境について考えてディスカッションすることが多いので良いヒントになったように思います。
・「石油の使用をどのように減らすのか」環境に影響を与えるものから、自然エネルギーへと移行していくことは困難もあるが、一人ひとりが少しでも意識することで事態は良い方向へ向かうのではないかと思います。
・このまま対策をとらないと、ホタルの時期のように生態系が変わる。地球を守る、自分の居場所を守るため対策をとることが大切と思いました。
・小川さんの話を聞いて、舞鶴市は子供向けの体験型の教育を通した取り組みをしていること、森脇さんの話を聞いて、RE100などの国際的プロジェクトについて知ることができました。

続き