放送部動画班、ティラミスを作りました

コメントを残す

数年前よりティラミスがスイーツの定番となってきていますが、クリスマスのような特別な日にティラミスを食べるのがティラミスの本来の食べる意味としてあるようです。ティラミスは「Tira・mi・su」と分けることができ、意味としては「私を元気づけて」という意味があります。

今回、放送部動画班では、クリスマスによく食べられているお菓子とキリスト教の関連を調べる中で、教皇フランシスコが貧しい人々と昼食会をされた時に振る舞われたお菓子であり、年末に向けてクリスマスや大掃除などを元気に乗り切るための意味をこめて、ティラミスを作ってみました。簡単レシピを参考として作ってみましたが、材料を混ぜて、重ねていくだけのものでしたので、クリスマス前の忙しい時には最適の手間のかからないもので、とても簡単で、とても美味しく作ることができました。

ティラミスはイタリアのトスカーナ地方のティラミスそっくりのお菓子が原型と言われており、北イタリアのヴェネト地方が発祥と言われています。

世界キリスト教情報の中でもティラミスが出てきております(下記参照)

今週末からクリスマスとなります。クリスマスを祝うデザートの一つとして、今年は一つ手作りスイーツでもいかがでしょうか?

(放送部では祈り班・動画班含めスタッフを募集しています。興味のある方は放送部員または放送部顧問までお問い合わせください)


【CJC】教皇フランシスコは2018年11月18日、カトリック教会が定めた「貧しい人のための世界祈願日」のミサをバチカン(ローマ教皇庁)のサンピエトロ大聖堂で行ったあと、パウロ6世ホールで開かれた昼食会に出席、ローマ教区やカトリック系組織などで支援を受けているおよそ1500人やボランティアの人たちと一緒に食卓を囲んだ。
『バチカン・ニュース』によると、この昼食会は、企業やカトリック団体など、様々な組織が協力して実現した。ラザーニャ、チキンのマッシュポテト添え、ティラミスからなるメニューを、ローマの小教区(各個教会)のボランティア70人が給仕した。
また昼食を楽しく和やかにするために、会場では、ポンペイの聖母巡礼聖堂の若者たちからなるブラスバンドの演奏が行われた。
昼食会に参加した教皇は、すべての関係者に感謝し、皆に神の祝福を祈った。
バチカンでの昼食会と同時に、ローマをはじめ、イタリア各地の教区で、同様の昼食会が催された。

【カナダ研修15日目(最終日)】カムループス~舞鶴

コメントを残す

生徒のみなさんブログありがとうございました。カナダでの生活の様子だったり感じたことをリアルに伝えてくれたのではないでしょうか。

約2週間のカナダ研修も遂に終了、一同カムループスから舞鶴へ帰ってきました。カムループス空港に午前9時前に集合して出発しましたが、舞鶴に着いた時にはカナダ時刻は午前5時頃。乗り継ぎを合わせ約20時間の移動にみんな疲れきった様子でした。

今年のカムループスは例年より温かく、この時期膝辺りまで雪が積もることも珍しくないのですが、今年は積もるどころか雪すら降ることもなく(もちろん町中を離れ山の方へ行くと積もっていましたが)、滞在期間毎日晴れて天気に恵まれた研修でした。

2週間という限られた時間の中で、生徒はどんなことを経験し、どんなことを学んだのでしょうか。もちろん生の英語に触れ、英語力を上げるというのも目的の1つで、実際研修に参加する前よりも知識は増えたと思います。しかし、ただそれだけが目的ではありません。研修を行ったNorKam高校は校訓でGlobal Citizenship(国際性)を掲げており、現地のカナダ人の生徒だけでなく、世界中の国からたくさんの留学生が来ていました。そこには大きな文化や習慣の違いがあります。自分の中の常識で生活するのではなく、様々な人がいて様々なスタイルがあるということを理解し、それを認め受け入れていかなければなりません。これは高校卒業後に待ち構えている日本社会でも同じです。グローバル化が進む社会では外国人と接する機会も多くなります。そして何より、国籍による違いだけでなく、同じ日本人であったとしても人それぞれ様々な事情を抱えて生きています。自分のことを認めた上で他者のことも認め、共存しながら生きていく。実際にカナダで生活し文化を体験し、国際感覚を養うことで「Global Citizen(地球市民)」として共存していく精神も身につけることが大切だと身をもって感じたカナダ研修でした。

しかし、これで研修全てが終わりではありません。生徒たちはこれから、カナダ研修に参加して感じたこと、学んだことなどをレポートにまとめていきます。14通りのレポートがどんな風に仕上がるのか、非常に楽しみです。

23日大槻美奈さんのコンサート

コメントを残す

本校出身のミュージシャンが、舞鶴で出演します。応援お願いします!

AIR Bearも本校の軽音楽部員3年生と本校の1,2年生の合同バンドです。応援お願いします。
(AIR bareではなくAIR Bearの間違いです)

【カナダ研修14日目】NorKam高校最後の登校日

1件のコメント

今日は学校で送別パーティの様なものを開いて貰いました。バディの生徒とは仲が良かったのでとても寂しいですし短い期間ではありましたが、記憶に残る思い出をいくつも作れたのではないかと思います。
午後からはノーカムの生徒と地域のコミュニティセンターに行き、クリスマスソングを皆で歌いました。最初は何も聞かされていなかったので多少は戸惑いましたが、その後のお年寄りの方々や日本人留学生の人達との交流はとても有意義な時間でした。

この二週間という短い時間の中で、私達はどれ程の事を学び成長出来たでしょうか。何かに失敗したり悩んだり、それらは恐らく全員が一度は体験したのではないかと思います。それらを糧として何かに生かす事が出来たのか、今後生かす事が出来るのか。これらは全て、自分次第でどの様にも変化します。

このカナダ留学は長い様で短い様で、けれど一分一秒どれも全てが濃くかけがえのない思い出として残っています。
いよいよ明日が帰国日です。帰って来た時の私達が一体どの様に変化したのか、見届けて頂ければと思います。 (M.Y)

【カナダ研修13日目】アクティビティでトランポリンを体験

コメントを残す

今日は半日バディーと一緒に授業を受け、午後はJump 360℃ Trampoline Park という施設でトランポリンで遊びました。たくさんのトランポリンがあり、とても楽しい時間でした。
明日でバディーと一緒に過ごせるのは最後になります。楽しかった授業は明日で終わってしまいます。明後日にはもう帰国しなければいけません。思い残さないようバディーやホストファミリーとの時間を大切にしたいと思います。 (T.M)

【カナダ研修12日目】日本の文化・料理についてプレゼンテーション

1件のコメント

今日は日本の食事や遊びをNorKamの生徒にプレゼンテーションしました。
みんなでお好み焼きやいちご大福などたくさんの日本食を作りました。私はあまり家で料理をしない方なので、食材を切るだけでもすごく苦労しました。でもカナダ人のみんなが美味しいとたくさん食べてくれたのですごく嬉しかったです。頑張った甲斐があるなと思いました!
遊びでは折り紙やお手玉、けん玉などを紹介しました。折り紙で鶴の折り方を教えることが出来良かったです。
残り1週間をきってカナダに居る時間も少ないのでバディーやホストファミリーとの時間を大切にしたいと思います。 (T.Y)

【カナダ研修11日目】カナダへ来て1週間以上が経ち…

コメントを残す

日本では憂鬱だった月曜日の学校もカナダでは久しぶりにバディや学校の人達と会えると思うと学校に行くのが楽しみでした。
最初は全く分からなかった授業も1週間も経つと少しずつ理解できるようになり、カナダに来たばかりの頃に比べると自分の英語力が少しずつ上がってきていることを実感出来ました。
放課後にはクラスのみんなで集まって明日のプレゼンテーションのミーティングをしました。
色々と不安なことはあるけれど、少しでも日本のことについて知ってもらえるように頑張りたいです。 (M.S)

Older Entries Newer Entries