2018年度      卒業式 式辞

春の息吹を感じる今日、舞鶴市副市長山口寛士様をはじめ多くのご来賓の皆様、保護者の皆様に御臨席賜り、卒業証書並びに修了証書授与式が挙行できます事、高段からではありますが、厚く御礼申し上げます。

今から八年前の三月十一日、東日本大震災が起こりました。今、こうして生かされている私たちにも与えられた試練でありました。8年間の間に気づかされたこと。それは、当たり前の日常のかけがえのなさと仲間の大切さではなかったでしょうか。
明日がくることは、決して当たり前ではなく、奇跡なのです。また、一日一日の当たり前の日々が、今日という日を作っていきます。

先ほど、お渡しした卒業証書には、「本校の全課程を卒業したことを証する。」あるいは「修了したことを証する」としか書かれておりません。しかし、この二十数文字に込められた思いは,それぞれ違います。
「中学校では不登校だったけれど、高校では、ほぼ休まず登校し今日の日を迎えられた人」「部活をやりきった後で、猛勉強をして大学合格を叶えた人」「進学が決まっても、毎日放課後、こつこつと学習の貯金を殖やしてきた人」「今も国立大学の2次試験のただ中にある人」「自分の得意を極めるんだと専門学校に進学する人」「1年の時からの夢である韓国へ留学すると決意した人」「早く親に楽をさせたいと就職を決めた人」などなど、それぞれの卒業です。

続き