フランスの皇帝ナポレオンがすきだったと噂されたこともあるミルフィーユ、ナポレオンは聖書ととても関わりがあり、偉人の言葉としても残っているほどです。ナポレオンの帽子に似ているということから、ミルフィーユがナポレオンパイと呼ばれることもあります。フランス文化を調べているうちにミルフィーユに結びつきが出てきましたので、今回はミルフィーユを作りました。

ミルフィーユはフランスでは「千枚の葉」という意味をもち、生地を重ねて作るものでしたが、今回はパイシートを使い簡単レシピで、焼いたパイシートにホイップクリームやフルーツを挟んだり重ねたりするだけのもので、失敗することの無いものだったので、フルーツやホイップ、チョコなどを色々のせて楽しく沢山作ることができました。

ミルフィーユは重ねて作るお菓子ということで、人生にたとえて送別会や新たな門出としてのお祝いとして贈られることもあるようです。4月からの新しいスタートに向けて作ってみるのは如何でしょうか?

(放送部では祈り班・動画班含めスタッフを募集しています。興味のある方は放送部員または放送部顧問までお問い合わせください)