【体育祭生徒の振り返りから】

 ☆楽しいとはみんなが楽しめること

一生懸命にやると楽しい。一生懸命の人を応援することは楽しい

自分だけでなく、人に喜んでもらえることが本当の楽しさ。

「楽しいって」

1一生懸命がんばったから楽しい。勝っても負けても一生懸命にやったことで達成感が生まれます。一生懸命に頑張っている人をみんなで応援できたことが楽しい。

2 リーダーさんが真剣にがんばる雰囲気をつくることで、みんなががんばり出すし、協力が生まれる。いやだった人も楽しくなるってことを私もたくさん発見しました。

3 自分のクラスや学年、色を超えて盛りあがったこと。クラスの一体感、団の一体感、そして学年や色を超えての一体感が生まれました。雨で体育館でやったからこそ発見できたものですが、日星高校の宝物として大事にしていきたいですね。

(ふりかえり1)

・私は運動が嫌いで、最初は練習なんてしたくありませんでした。なのに、自分でも驚くくらいに、今までやってきたどの体育祭よりもたくさん自分から進んで練習をしたと思います。本番、予想以上に楽しいものでしたが、それ以上に、練習が楽しかったです。皆と力をあわせて練習することがこんなに楽しいとは思いませんでした。これから先にあるほかの行事も、今回のように楽しく練習ができたらいいなと思いました。

・全部盛り上がった 俵上げでは、団関係なく 全員が有本君を応援していて 一体感がすごかった。

・クラスだけでなく、他クラス 他学年を通して、ひとつの目標に向かい、まとまって取り組めたと思う。また、見ているだけでも楽しめた。

・高校生活始めての体育祭だったけど、 どんなんかわからなかったけど、楽しく、みんなで 協力してできたから良かったです。

・心の底から楽しむことができた

・兎に角楽しかった! 体育館で狭かったかもだけど、だからこそ近い距離で楽しめたし、盛り上がったからです!

・兎に角見てて楽しかった!いきなりのドッヂも良かったです!

・ドッジボールをしてる時みんなが球技大会があればいいのにと思った!部活に入る人とかもふえそう。