スズキ自動車に勤めた片倉君。研修が浜松であったからと
うなぎパイのお土産を持って訪ねて来てくれました。
今どんな感じって尋ねるとまず挨拶と掃除
三村先生が言ってたその通りだったと強調していました。
挨拶はコミニケーションの始まり。
掃除は気がつく人になるための始まり。
整備士になろうとしている彼は車の調子をみたりあるいはどこか傷を削りたいそういった気づく心を掃除を通して学んでいるといいます。