「田舎力甲子園2019 祝!奨励賞受賞」
特進コース3年生田中舞奈さんが、福知山公立大学が毎年開催している「田舎力甲子園」の2019年度の奨励賞を受賞しました。日星高校特進コースの生徒は3年連続の受賞となります。
「田舎力甲子園」は『ニッポンの田舎を元気にする』という趣旨のもと、全国の高校生から地域活性化策のアイデアを募集して、内容を競うコンテストです。

今年度は個人133+グループ189 = 計322策の応募から表彰23策と、昨年の5倍以上の応募、そして受賞策はいずれも「人とのつながり」を強く感じるものが多かったです。もちろん、田中さんのアイデアも。田中さんの応募策のタイトルは「高校生がまちづくりの先駆者に~アクティブな若者の力でまちを元気に~」。

8月12日の夏休み中のFMまいづるの番組に出演し、応募のきっかけとなったカナダ留学の経験や思いを語っていました。高校1年時の2週間の語学研修、2年生時の「トビタテ留学 JAPAN」という文部科学省主催の留学生の為の難関試験、書類選考の際に出した活動計画をもとに半年の留学。カナダで地元の人達、そして世界各国から留学している学生たちと交流し、多様な文化や価値観を持つ多文化主義の社会で過ごした経験。

さまざまなメディアの特色やツールをどう生かすか、カナダで学んだメディアリテラシーのこと、実際に体験した自身の思い。番組を通して田中さん自身の未来への思いが発信されました。