校長講話

長い夏休みが終わりました。こうして元気なみなさんと出会えることに感謝いたします。

皆さんは、どんな夏休みを過ごしましたか。

まず、24日に皆さん方のお父さんお母さん先生方で環境整備を行っていただきました。生徒の中でもバスケット部や野球部の3年生なども暑い中頑張ってくれていました。みなさんが、いい環境で学習活動に励んで欲しいとの願いであります。参加してくれた生徒の皆さんに私からもありがとうとお伝えします。

 

さて、みなさんはどんな夏休みを過ごしましたか。

特進コースの人は、合宿にはじまり、模擬テストまで勉強に打ち込んでいました。3年生の諸君は、受験に向けての志望理由書や就職面接に連日進路室で頑張っていました。また部活の夏だった人もいます。暑い中クルーズ船の歓迎や子どもたちのためのボランティア、あるいは24時間テレビの募金活動に参加した人もありましたね。

私もたくさんの人とお出会いしましたが、「日星高校の生徒頑張っていますね。」「日星の生徒さんに大変お世話になりました。」とお話いただきました。また、中学生をもつお母さんがたからは、「日星に進ませたいと考えています。」と言ってくださいます。私は大変うれしく皆さんのことをほこりに思います。

 

みんなの頑張りが街を元気にする源となり、世のため人のためになっていますし、中学生の憧れです。1・2年生の人は、いざ志望理由書を書く段になって、どんな高校生活を送っただろうと考えるのではなく、自分で自分をプロデュースしていきましよう。その多くのチャンスが文化祭を始めたくさんある2学期です。

続き