カナダ短期語学研修 記録(13)

コメントを残す

舞鶴のみなさん、こんばんは。カナダは現在12月17日火曜日です。バンクーバーは今日も冷たい雨でしたが、生徒のみなさんは元気です。本日は終日セントパトリック高校で1日を過ごしました。

こちらでは、大人も子どももみんながクリスマスを待ち遠しく思っているのが伝わってくるような感じがしています。日々着々と校内がクリスマスの準備をする中、今日はそのうちの1つのイベント、”PJ Day”(パジャマデー)でした。生徒はこの日はリラックスして、制服ではなく寝て起きたそのままのパジャマで登校していいというもので、それぞれがお気に入りのパジャマで登校しており、朝から楽しい雰囲気でした。もちろん先生もPJ Dayですので、カジュアルな服装で、中にはクリスマスのライト付きのセーターに、バスローブ、スリッパをはいて雰囲気を演出してくれるような、そんな素敵な先生方もいました。本校の旅行団にも、この行事をしっかり楽しんでいる生徒もいました!異文化を学ぶって面白い!!

AF62478E-668F-4A7C-B176-5C990ABFF303.jpeg

 

クリスマスが近づいている、ということは私たちがカナダから帰国する日も近づいているということ・・・登校もあとわずが、生徒のレポートをどうぞ。

 

今日でホストファミリーと一緒にいられる時間も少なくなってきました。

今日は授業がありました。いつもは授業見学みたいな感じですが今日は家庭科でカップケーキを作ったり、美術の時間にバディに感謝の手紙を書いたりと少しは授業ぽく受けることができたかなと思っています。授業を受けることによってたくさんの人と関わりもできますし、連絡も交換したりと仲良くなれた人も何人かいました。なので授業などでの人との関わりはとても大事だと思いました。

授業が終わってからはホストファミリーと会話をしたり夜ご飯を食べたり少し一緒にテレビを見たりとたくさん良い思い出ができたのでとてもよかったなと思いました。

26F0EB17-0675-475E-8EFD-AACD3C53A21B.jpeg

 

「教皇フランシスコのメッセージ」の感想

コメントを残す

校長クリスマス講話「教皇さまのメッセージ」の感想を生徒のみなさんからいただいています。しっかり受け止めてくれていてうれしいです。

(何のために生きるか)
・最初は、よくあるイジメについての話と思ったけど。途中からあった、生きること、考え方のことなど、色々と考えることのある話だった。この話を聞いて自分には、聖書を読む、教会に行くと言う感覚はないけれど心の拠り所があることが、大切なのだと思った。
・他人の心に関心をよせると言うことは生きている全ての人たちが大切にしなければならないけど、このことは看護師にとってとても大事なことではないかと思うのでこれから大切にしていきたいと思いました。
・何のために生きるかじゃなく、誰のために生きるかを考えなきゃ行けない
・人の心を大切に考えることができた。
・キリストの人が来ていたのは知っていたがどんなことを言っていたかは知らなかったので学習することができてよかった。
・他人を思うことが大切だと分かりました。優先順位を自分優先にするのでなく人のためと考えて行動出来れば良いなと思います。
・人に関心をもつこともして、そのうえありがたい言葉も言ってくださるなんて凄いなと思いました。
・ローマ教皇にはものすごい力があると思いました。 国民に勇気を与えるだったり、元気にするだったり教皇の笑顔や優しさにはものすごい力があると話を聞いて、動画を見て、感じました。
・人生の中で行き詰まった時や何か乗り越えなければならなくなった時に自分に問いを見いだし、誰の為に生きているのかを考えようと思いました。

続き