舞鶴のみなさん、こんばんは。カナダは現在12月17日火曜日です。バンクーバーは今日も冷たい雨でしたが、生徒のみなさんは元気です。本日は終日セントパトリック高校で1日を過ごしました。

こちらでは、大人も子どももみんながクリスマスを待ち遠しく思っているのが伝わってくるような感じがしています。日々着々と校内がクリスマスの準備をする中、今日はそのうちの1つのイベント、”PJ Day”(パジャマデー)でした。生徒はこの日はリラックスして、制服ではなく寝て起きたそのままのパジャマで登校していいというもので、それぞれがお気に入りのパジャマで登校しており、朝から楽しい雰囲気でした。もちろん先生もPJ Dayですので、カジュアルな服装で、中にはクリスマスのライト付きのセーターに、バスローブ、スリッパをはいて雰囲気を演出してくれるような、そんな素敵な先生方もいました。本校の旅行団にも、この行事をしっかり楽しんでいる生徒もいました!異文化を学ぶって面白い!!

AF62478E-668F-4A7C-B176-5C990ABFF303.jpeg

 

クリスマスが近づいている、ということは私たちがカナダから帰国する日も近づいているということ・・・登校もあとわずが、生徒のレポートをどうぞ。

 

今日でホストファミリーと一緒にいられる時間も少なくなってきました。

今日は授業がありました。いつもは授業見学みたいな感じですが今日は家庭科でカップケーキを作ったり、美術の時間にバディに感謝の手紙を書いたりと少しは授業ぽく受けることができたかなと思っています。授業を受けることによってたくさんの人と関わりもできますし、連絡も交換したりと仲良くなれた人も何人かいました。なので授業などでの人との関わりはとても大事だと思いました。

授業が終わってからはホストファミリーと会話をしたり夜ご飯を食べたり少し一緒にテレビを見たりとたくさん良い思い出ができたのでとてもよかったなと思いました。

26F0EB17-0675-475E-8EFD-AACD3C53A21B.jpeg