3学期 始業式に
新年明けましておめでとうございます。
何がめでたいと私も高校時代に思っていました。
受験生にとっては、今年のセンター試験まであと10日。それが終わらないとちっとも
めでたくなんかないですね。
けれど、ここにこうして集まれたことがおめでたいことですし感謝です。
このように人間は、昔から暦を使い、事あるごとに 気持ちを切り替えてきました。

例えば失恋をします。何でふられたんだろうとふりかえり自分を高めていくきっかけにすることは大切ですが、失恋をいつまでも引きずっていても前に進めませんね。
そんな時、気持ちを切り替えてきませんでしたか。野球でも、点数を入れられたとしても、気持ちを切り替えて、向かっていくそんな生き方をしてきました。
令和という区切り、新年という区切りを3学期という区切り、新たな気持ちへの切り替えのチャンスにしましょう。

切り替えのために必要なことはなんでしょう。
みなさんも新年の抱負を言葉にしませんでしたか。
「よし今年こそ甲子園」「よし、今年こそ00大学へ、就職への進路を決めるぞ。」「成績をあげるぞ!」と言葉にして外に出すのです。
言葉には命があります。だから、言葉にしたように人は方向付けられるのです。

新約聖書(ヨハネの福音書第一章第一節)に
「初めに言があった。言は神と共にあった。
言は神であった。この言は、初めに神と共にあった。
万物は言によって成った。
成ったもので、言によらずに成ったものは何一つなかった。
言の内に命があった。命は人間を照らす光であった。
光は暗闇の中で輝いている。」
とあります。

続き