3学期 始業式に
新年明けましておめでとうございます。
何がめでたいと私も高校時代に思っていました。
受験生にとっては、今年のセンター試験まであと10日。それが終わらないとちっとも
めでたくなんかないですね。
けれど、ここにこうして集まれたことがおめでたいことですし感謝です。
このように人間は、昔から暦を使い、事あるごとに 気持ちを切り替えてきました。

例えば失恋をします。何でふられたんだろうとふりかえり自分を高めていくきっかけにすることは大切ですが、失恋をいつまでも引きずっていても前に進めませんね。
そんな時、気持ちを切り替えてきませんでしたか。野球でも、点数を入れられたとしても、気持ちを切り替えて、向かっていくそんな生き方をしてきました。
令和という区切り、新年という区切りを3学期という区切り、新たな気持ちへの切り替えのチャンスにしましょう。

切り替えのために必要なことはなんでしょう。
みなさんも新年の抱負を言葉にしませんでしたか。
「よし今年こそ甲子園」「よし、今年こそ00大学へ、就職への進路を決めるぞ。」「成績をあげるぞ!」と言葉にして外に出すのです。
言葉には命があります。だから、言葉にしたように人は方向付けられるのです。

新約聖書(ヨハネの福音書第一章第一節)に
「初めに言があった。言は神と共にあった。
言は神であった。この言は、初めに神と共にあった。
万物は言によって成った。
成ったもので、言によらずに成ったものは何一つなかった。
言の内に命があった。命は人間を照らす光であった。
光は暗闇の中で輝いている。」
とあります。

言葉は、神であり、生命の光であり、人類の光であったのです。
私たちの心の中の願いや想いを言葉にすることで、魂が実態となっていきます。
思いが現実を作っていくのです。
グランドに「目指せ甲子園」と書いてあリます。
私の勉強机にも「夢の実現」と書いて張ってあります。
「言葉によらずなったものは何一つなかった」のです。
みなさん、思いや決意を言葉にしていくのです。
もちろん全てが叶うことはありません。けれど、目標を明確にしそこに向かう努力は、人生にとって大切なものです。道は自ずと開けていきます。

また、言葉は、その意味だけでなく、発する音そのものにも力があリます。
力があるだけに使い方を誤ると、人を悲しい思いや死へも追いやってしまう場合もあります。
最近は、ラインで簡単な言葉でやりとりしたり、言葉を省略して記号や絵文字で済ませてしまうことが多いですね。けれど、大切なことは、しっかりと伝えることが大切です。
アメリカとイランの戦争が言葉で始まり、言葉で抑制されています。
ローマ教皇フランシスコは、平和のメッセージを残しました。平和への思いはどこも共通です。
比叡山にある天台宗延暦寺からも「比叡山から発信する言葉」が発表されたと今朝の新聞に載っていました。
「一々労不借(いちいちろうふしゃく)」いちいち労をおしまず
「伝教大師最澄さまのお言葉に「己を忘れて他を利するは慈悲の極(きわみ)なり」とのみ教えがあります。
自らの労を惜しまないで人々への思いやりや労りの行いに努めることこそ、安らぎと癒し、救いへの優れた力となり尊いのです」と解説されていました。
比叡山の貫首が、ローマ教皇の平和の集いに参加され、教皇の言葉や姿勢に感銘を受け、この言葉を選んだと書かれていました。
ひとつひとつに労りの心を惜しまず、共に力を合わせていきましょう。

3学期は、次の学年の0学期と言います。ぼーっとしてたら、物事は成りません。しっかりと決意をし、言葉にし、事を成す、そんなスタートにしていきましょう