28日 卒業式を実施

コメントを残す

二〇一九年度 卒業式 式辞

 本日は、新型コロナウイルス感染拡大予防に様々なご協力ありがとうございます。3月2日から全国の小中学校高校に臨時休校を要請するという事態になっており、職員一丸となって生徒の安全確保、また学習等に対応していく所存です。そういった中、本日、卒業証書・修了証書授与式を挙行できますことに感謝申し上げます。

卒業生修了生の皆さん。おめでとう。

先ほど、お渡しした卒業証書・修了証書に込められた思いはそれぞれ違います。

「家庭は大変でも、自分を信じ仲間と共に今日を迎えた人」「部活をやりきった後で、猛勉強をして大学合格を叶えた人」「進学や就職が決まっても、毎日放課後、こつこつと学習の貯金を殖やしてきた人」「今も受験試験のただ中にある人」などなど、それぞれの卒業です。

九年前の東日本大震災、私たちは当たり前の日常の大切さ、命の大切さを学びました。

生きたくても生きられなかった命があります。

先ほどお母様に証書をお渡ししましたTさんからもいのちの重さを教わりました。Tさんは、高校二年の夏、家族と離れ東京の病院に入院することになりました。辛い中、同じ病気の子がみんな頑張っていることを知ります。毎日「日星高校に行って勉強したい!みんなと話がしたい!」と願っていました。一日でも学校に行けたなら、その日限りでも一生懸命勉強したい。「人を助ける仕事がしたい。」という夢に向かって。、私達に「当たり前の学校生活が出来ることの素晴らしさ」を教えてくれました。

十一月に来日された教皇フランシスコは、次のように言っています。

私たちの現実は与えられたものであり、この自由さえも恵みとして受け取ったものです。「一人一人が弱さを分かち合い、認め合い、他者を支える場」が、学校です。

困難は、私たちに忘れていたものを思い出させ、今ある闇に光を与えるように思います。皆さんには、それぞれの新しいステージでも、苦しみや喜びを分かちあい、持てる力を他者のために使っていける人として生きて欲しい。最初の聖書にあったように「地の塩世の光」であって欲しいと願っています。

看護科高等部修了の皆さん、おめでとう。

 専攻科へ進む人、卒業し新しい道を歩む人、道はそれぞれ違っても本校で学んだことを忘れないでください。ナイチンゲールは次のように言っています。

「人生を生きるには、修練が必要です。まずまずの目的、過ち多き行為、ぐらぐらしている意志のうちに人生をうやむやに過ごしてはなりません。目標を高く掲げなさい」と。目標を達成するには、これまで以上の覚悟と努力、そして仲間の支えがなくてはなりません。

看護科五年課程を終える皆さんもまた、五年の長きに渡る修練を超えてきました。先日、国家試験を目前にした皆さんに激励の機会をいただいた時、皆さんの教室は、最後の頑張りに張り詰めた空気とやりきったものだけが持つ清々しさがありました。

新型コロナウイルスをめぐって、院内感染や医師・看護師の感染・死者などもでております。四月からの現場は、そういった事態の只中にあります。しっかりと情報を把握し適切な判断をもって働くことが要請されます。どうか、これまで培った確かな知識と技術、そして、孤独の中にある患者さんに寄り添える看護師となってください。

感染対策で、大学も入学式がないスタートだったり、職場も臨機応変な対応が求められます。指示待ちでは間に合いません。自分は何をしなければならないのか、何ができるのかを考え、柔軟に対応できる力を今から心していってください。

一人ひとりが勇気をもってまた仲間と共にチームで前に進むとき、神様はきっと力を与えてくださいます。

私たち日星に集った者が、希望と勇気の灯となれるよう共に頑張っていきましょう。

後になりましたが、保護者の皆様、本日はお子様のご卒業おめでとうございます。

私たちも精一杯の努力をしてきたつもりです。けれど期待に応えられなかったことも多く申し訳なく思っております。それでも私たちを支え続けてくださったことにあらためて感謝を申し上げます。

社会はまさに荒波です。どうぞ温かく見守り支えていってください。

 卒業生、修了生の皆様に神様の豊かな祝福がありますようお祈りし、私の式辞と致します。

 二〇二〇年二月二八日

聖ヨゼフ学園日星高等学校

校長 水嶋純作

3日より13日まで臨時休校

コメントを残す

卒業式における感染予防について

コメントを残す

卒業式・修了式における「新型コロナウイルス」感染予防について

3年生・5年生は、明日28日の本番に向け、練習に励んでいる所ですが、「新型コロナウイルス」感染予防の観点から、時間短縮と不特定多数の接触をできるだけ避けるため、以下の対応をすることにしましたのでお知らせします。

1 時間短縮

  ・表彰は、呼名のみとし賞状等は各教室で授与します。 

2 来賓の縮小

  ・すでに出席のお返事をいただいている方から辞退の申し入れもあり、来賓については本校育友会役員のみとします。

3 保護者への注意

  ・マスクの着用及び消毒の励行

・受付及び講堂入り口にアルコール消毒液を設置し、入場前に消毒をお願いする。

尚、3月8日~11日に予定していました2年生沖縄学習旅行・12日予定の1年生USJも延期します。

ご家庭おかれましても、時節柄、健康管理に十分留意いただき、不要不急の外出はさけ、外出時のマスク着用、帰宅時の手洗い、アルコールでの消毒、うがいの励行など十分ご留意いただきますようお願い申し上げます。

沖縄学習旅行を延期します。

コメントを残す

新型コロナウイルスの感染状況を心配しながら、学習旅行を実施する方向で今日まで種々検討してまいりましたが、延期することにしましたのでお知らせします。

25日、政府が「新型コロナウイルス感染対策の基本方針」を決定しました。

「複数の地域でいつどこで誰から感染したか分からないケースが出てきており、感染が急速に拡大しかねない状況だ」という認識を示し、合わせて「教育機関や企業でも行事の開催方法の変更やリモートワークなどできるかぎり工夫すること」とあります。

沖縄学習旅行につきましては、生徒たちも楽しみにし準備してきたところではありますが、上記基本方針を受け、国内外で感染の拡大段階にあること、沖縄で患者が3名出ていること、多くの人が混じる空港の利用、長時間のバスでの移動、伊江島での民家泊(診療所での対応)、院内感染の危惧などを鑑み、生徒の安全、感染予防を最優先に考え、延期やむなしの決定をした次第です。

現段階で飛行機のキャンセル料等が既に発生しておりますが、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

2 学習旅行を予定していました期間と前日準備の日は家庭学習日とし、自宅待機をします。                  学校で学習課題を準備します。クラブ活動も休止です。

3 今後の対応

・関係機関と連携をとりながら感染状況の収束状況を見ながら決めていきます。

尚、28日に実施する卒業式についても時間短縮・来賓の縮小等の対応をいたします。

 

政府 感染予防基本方針

コメントを残す

みなさまにお願いしたいこと

 この1~2週間の動向が、国内で急速に感染が拡大するかどうかの瀬戸際であると考えています。そのため、我々市民がそれぞれできることを実践していかねばなりません。
 特に、風邪や発熱などの軽い症状が出た場合には、外出をせず、自宅で療養してください。ただし、以下のような場合には、決して我慢することなく、直ちに都道府県に設置されている「帰国者・接触者相談センター」にご相談下さい。

  • ●風邪の症状や37.5°C以上の発熱が4日以上続いている(解熱剤を飲み続けなければならないときを含みます)
  • ●強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある
  •  ※ 高齢者や基礎疾患等のある方は、上の状態が2日程度続く場合

また、症状のない人も、それぞれが一日の行動パターンを見直し、対面で人と人との距離が近い接触(互いに手を伸ばしたら届く距離)が、会話などで一定時間以上続き、多くの人々との間で交わされるような環境に行くことをできる限り、回避して下さい。症状がなくても感染している可能性がありますが、心配だからといって、すぐに医療機関を受診しないで下さい。医療従事者や患者に感染を拡大させないよう、また医療機関に過重な負担とならないよう、ご留意ください。
教育機関、企業など事業者の皆様も、感染の急速な拡大を防ぐために大切な役割を担っています。それぞれの活動の特徴を踏まえ、集会や行事の開催方法の変更、移動方法の分散、リモートワーク、オンライン会議などのできうる限りの工夫を講じるなど、協力してください。

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/newpage_00006.html

バドミントン大会の結果

コメントを残す

2月23日 文化公園体育館

政府 新型コロナウイルス感染予防基本方針

コメントを残す

クリックして000599698.pdfにアクセス

Older Entries