この数年間のインターアクトクラブを中心としたウズベキスタンとの交流の経過を昨年度まで担当してくださっていた顧問の堀重之先生(この春本校を退職されました)がまとめて申請いただいておりました。

特進コースの生徒たちの継続した頑張りも含まれています。

ウズベキスタンの状況は、昨年、出会った高校生のアイシャさんがインスタで知らせてくれています。

「パンデミックはまだ終わっていません。検疫があり、学校と大学は機能していません。レッスンはZOOMを通じてのみオンラインで行われ、試験もオンラインで行われます。外出も禁止。車で出かけることもできません」