お久しぶりです。如何お過ごしでしょうか

私は7月の14日に再度韓国へ戻りましたので韓国でのコロナ対策などをお伝えしようと思います。

韓国へ入国する場合、自宅で2週間の謹慎、朝昼晩に体温や体調の報告が義務付けられていました。

なのでキャリーバッグには2週間分の食料と、洗剤やアルコールなど後ほど送るのが難しい物だけを入れました。

関西空港では荷物預入の際に謹慎中の隔離者管理アプリをインストールします。

そして荷物検査の前、搭乗の直前におでこにかざす触れない体温計での体温チェックがありました。

飛行機の中では1席ずつ間隔を空けて座るのかなと思っていましたが、普段通りの搭乗でした。

飛行機の中でも今まで無かった用紙の記入がありました。

仁川空港へ到着し荷物を受け取り入国審査が終わったら次は新しいブースが設けられていました。

現在服役中の陸軍の方たちが防護服を着て、隔離者管理アプリの設定などを行ってくださいました。

名前、住所、電話番号、外国人登録書の住民番号などの入力も軍人の方は専用のタッチペンで操作していました。

そして連絡が付かない時のため、韓国に滞在している友達などの電話番号を求められその場で繋がるのか確認をします。

「今日お友達が韓国へ来たことを知っていますか?」などの質問をし、本当に私と関係のある人かどうかも確認しました。

次に隔離期間中のルールを守るという署名をし、ようやく外に出ることが出来ました。

が、ここからも災難でした。

私が入国審査のブースを出られたのが4だったのですが、保健所までのバスが出発した直後でした。

このバスは普段旅行客を乗せているリムジンバスなのですが、こちらも防護服を着た運転手でした。

私は東大門区に住んでおり、次のその方面のバスは6だと言われたので2間も空港で座っていました。

外国から来た人は地区ごとのバスに乗り、その地区の保健所に行きPCR検査を受けることになっていましたが

6以降のバスに乗った場合、その日はもうPCR検査は受けられません。

なので私は東大門区の保健所に送り届けられたあと、そこから更に細かく振り分けられ最終4人の入国者と共にそれぞれ家の前まで送り届けられました。

後部座席はビニールで覆われており、運転席と助手席は空気を共有できないように対策がされていました。

そして入国当日に検査が出来なかった人は3日以内に保健所に行き、検査を受けなければなりません。

タクシーを呼び、窓を全開にして乗るのがルールでしたのでそのように乗り保健所に行き、PCR検査を受けて帰りました。

自分が陽性だった時のためにタクシーのナンバーを覚えておかなければなりませんでした。

次の日、陰性だったとメッセージが届いたので安心して隔離期間をすごしていました。

隔離のアプリは添付した写真のような画面から自己診断という部分を押し、咳の有無や体温の入力、その他の体の異変などを1日3回送信します。

しなければ携帯から音が鳴り、青いリングが赤に変わります。

そしてタスクを切ってしまうと位置情報が途絶えてしまうためずっと使用中にしておく必要がありました。

この期間中は位置を把握されており、外出をすれば懲役6ヶ月か100万円以下の罰金でした。

隔離終了の2日ほど前日に保健所からマスクとオレンジのゴミ袋(普段は白や青)と消毒スプレーが届きます。

隔離期間中のゴミはオレンジのゴミ袋に入れ、消毒スプレーをふんだんにふったあと普通のゴミと同じように捨てるというルールでした。

担当の収集係が隔離者のいた住所を頼りにオレンジの袋だけを回収していきます。

友達が玄関にお菓子などを置いていてくれたりして、無事に2週間の隔離が終わりました。

そこからは普段の生活にマスクがあるだけの無難な生活を送っていましたが、飲食店やカラオケなどは個人情報とリンクさせたQRコードを店の機械に読み込ませ、すぐに追跡ができるような対策があり、名前と住んでいる地区と電話番号を記入後おでこの体温チェックをしてから入店という流れができていまきた。

ですがサラン第一協会やデモの影響で2波が来てしまいました。

空気はピリピリしており、出勤時も退勤時も地下鉄には人がほとんど居ません。

地下鉄に乗る時、マスクから鼻が出ていたりマスクをしていなかったりするとカードをピッする機械から音声で「マスクをしっかりしてください」と言われ、通れません。

バスは運転手さんが確認しており、全員が鼻までマスクをするまで出発してくれません。

大きなお店では入口に店員さんがいて、消毒をするまで中に入れなかったりもします。

そして最近はマスクをしっかりしていない場合は最高9800円の罰金になりました。その日から暑いからと外を歩く時だけマスクを外している人達はいなくなりました。

そして日本でも話題になったと聞きましたが、8月30日からは飲食店は午後9までの営業、カフェはテイクアウトのみの対応を義務付けられました。

お付き合いしている方が大学の休みが続くので病院で働いていますが、若干の医療崩壊もあるみたいで、これから先どうなるのかわかりません。

また、学生ビザ以外の滞在者にはコロナの影響で働けない方もいたので国から1人30000円の支給がありました。

私の場合、韓国に戻ってきてから90日間がまだ経過しておらず対象外だったのですが、友達は受け取れたようです。

私は韓国に来た時からコロナ検査の量や対策など全体の動きを見て、やはり日本とは全然違うなと思ってしまいました。

残りあまり長くない留学ですが、色んなことを吸収して帰りたいと思いました。

長い文章失礼しました。

台風や、暑い中のマスクなど大変なことが続きますが

お体に気をつけてお過ごしください。