22日はオープンスクール 日程2

コメントをどうぞ

22日はオープンスクール 今日星が面白い

コメントをどうぞ

22日はオープンスクール 日程

コメントをどうぞ

22日はオープンスクール 自分の未来にアタック

コメントをどうぞ

戦後72年 堺の高校生の記事

コメントをどうぞ

【戦後72年】堺の空襲の記憶継ぐ 地元高校生が証言をビデオに

【戦後72年】堺の空襲の記憶継ぐ 地元高校生が証言をビデオに

堺大空襲について話す花澤廣子さん=堺市北区

(産経新聞)

 第二次大戦末期の昭和20年、5回にわたって堺市内を襲った空襲の記録を残そうと、同市堺区の高校生らが、当時を生き抜いた被災者らの証言をビデオ録画する活動に取り組んでいる。15日で戦後72年となるのを前に、戦争体験者が減り続ける中、生徒らは「つらい話もあるが、生の声を聞ける最後のチャンス。きちんと記録に残し、後世に伝えていきたい」と意気込んでいる。(猿渡友希)

「あの悲惨な情景は忘れられない」

今月上旬、同市北区に住む花澤廣子さん(95)が当時の地図を前に、堺大空襲について語り始めると、カメラを構えた府立三国丘高校定時制課程2年で放送研究会2年の長谷(ながたに)樹亨(たつあき)さん(18)が聞き入った。

花澤さんは24歳だった昭和20年当時、同市新在家町(現・堺区新在家町西)で家族とともに暮らしていた。町中には戦意高揚の歌があふれ、はちまきをして護身術の訓練を繰り返す日々を送っていたという。

7月10日、突如として数機のB29が上空に現れた。「数え切れないほどの焼夷(しょうい)弾が落ち、一面は火の海になった。無我夢中で火の手から逃げた」と花澤さん。「翌朝、町中には死体が累々と積み重なっていた」と語り、「すごい時代だったが、そんな中を生きて抜けて幸せだった」と締めくくった。

長谷さんが所属する放送研究会は、高校生らが堺の歴史を研究・発表する「日本と世界が出会うまち・堺」プロジェクト(堺市など主催)に参加するため、今年6月から週1回のペースで、勉強会を実施。戦時中の堺市について学んできた。古くからある寺などを訪れて当時を知る人を探し出し、花澤さん以外にも戦争体験者2人から話を聞いた。

そのうちの一人、同市堺区の浄得寺の前住職、松井一覚(いっかく)さん(85)は堺大空襲の際、焼夷弾が落ちてくる「サー」という雨のような音に気づいて家族に伝え、危うく難を逃れた。あっという間に辺り一面が火の海に。無我夢中で逃げるあまり家族ともはぐれたが、翌朝戻った寺で無事再会を果たしたという。

長谷さんらは今後もさらにこうした証言を拾い集め、11月のプロジェクトで発表する予定だ。放送研究会顧問の川端祥次教諭(53)は「生の声を聞ける最後のチャンス。戦争の記憶を何とか形に残したい」。長谷さんは「自分たちの住む街なのに知らない事実ばかり。その時代を生きた人から直接話を聞く重要性を学んだ。今後も戦争について勉強を続けていきたい」と話している。

大室さんの講話「国際支援とは」 世界は動いている

コメントをどうぞ

京都新聞より

2年前、シリア難民支援の途上で

日星高校看護科生へもお話をいただいた大室さんのお話会が12日にありました。

大室さんは2011年から2年間ウズベキスタンにおられたとのこと

日星高校にも是非きていただきたいですね。

世界はつながっている。

卒業生の西田君活躍中

コメントをどうぞ

Older Entries