「8月31日のままのあなたへ」感想(その3)

コメントを残す

感想3回目をお届けします。こんなふうにしっかりと自分のこととして受け止めてくれたこととてもうれしく思います。

• 休み明けはしんどいけど、楽しいことを思い出せば、自然と楽しくなる。

• 命を大切にしようと思いました。

• 学校に行きたくないという理由で死にたくないなと思いました。学校がしんどかったら自殺を考えるのではなく少し休んでリフレッシュをするなどすればいいと思います。私は頑張って学校に行きます。

• 話を聞いて、私も同じことを思っているし学校に毎日行きたくないと思いながらいるので、もう少し前向きに考えたいと思いました。

• 今日のお話を聞いて夏休みの生活から学校のある生活に戻るにはなかなか気持ちがついてこない中、僕は思い切って切り替えるようにしているけれどみんながみんな同じタイミングで切り替えることが出来ないと思うので、周りの人の事も考えて学校生活を送って行きたいと思いました。また、学校はある程度知っている人ばかりでその人の事も少しは分かっていて過ごしやすいけれど、社会に出ると色んな人が沢山集まっているので普段から周りの人の事を気にしながら過ごして行きたいです。でも、自分は自分にしかない人生を歩んでいるので悔いのないように自分自身はのびのびと自由に生きていきたいと思いました。

• 自殺は良くないと思いました

• 夏休み明けの学校は本当に嫌だけどそれは自分だけじゃなくみんながそう思っていることなので自分だけ休むのは良くないし学校は楽しいのでしっかり行きたいです。

• 私のなかでも提出物を出さないと言う選択肢は無いからいつもギリギリになって追い込んで登校日に行きたくないなと思うことがあるから、行きたくない気持ちがよく分かりました。

• 夏休みが終わって、まだだるさを感じるけど、過去にはいけないので今の学校精一杯頑張りたいです。

• 私は9月1日に亡くなる人が多いと聞いて、学校が長い間なくて、イジメの時間が全くないのにまた始まると思うと、私も行きたくないと思うと思います。 自分が体験しないと、いじめをされた人のは全くわからないと思うので、もっといじめということについて理解して、学校に行けない人の気持ちを考えるべきだと思いました。

• 自殺は良くないと思った

• 生きることは大切だと思った。提出物で自分の命を落とそうとは思ったことはないが自分の命は自分で守りたい。

• 学校には休まずきます

• 今日の話を聞いて、私も学校行くの嫌やなって思っていたけど、話の内容とか聞いて命の大切さが分かりました。これから命を大切にしたいです

• 自ら命を絶つことは勿体ないなと思ったし、そういう学生が多いということは悲しいなと思いました。そういう人たちが減るように先生たちだけでなく私たち生徒も配慮していかないといけないなと思いました。

• 本当に楽しそうにしている人でも、悩みがあったり、辛い思いをしているかもしれないという事がなるほどと思いました。

• 夏休み終わるとたしかに行きたくないなと思うなって思いました。

• 自分の生きがいについてよく分かりました。どれだけ自分の命が大切かよく伝わってきました。確かに課題とかで追われるかもしれませんが、本当に将来自分はしたいことがあるのでその夢に向かって羽ばたきたいです。

• 死にたいと深く思ったことはないけど、 世界中には沢山死にたいと思っている人達がいると思うから、それをちょっとでも助けれる世界をつくっていかないといけないとおもいます。

• たとえつらくても、最後まで諦めない事が大事だと感じました。又、学校に行ってない人がいる気持ちも理解することが

• またには心を休めることも大切だなって思いました。

• 簡単に命を捨てるというのはダメだと思った

• 僕も夏休み最初に戻りたいと思うことがあるので校長先生の話を聞いて共感が出来た。

• 学校に来るには何か目的をもって来ることが大切だと思いました

• 学校は毎日行こうと思いました

• 簡単に命を捨てるとゆうのはだめだとおもった。だめでも頑張るのは必要とゆうのがわかった。

• すぐに死のうとか、思わないようにしようと思った

• 話を聞いて、辛い高校だったんだなと思いました。 不登校になりたくないと思いました。

• そんなことはないとおもいます。

• あの人のようにならないようにしようと思いました。

• 自分も課題をギリギリになってやる人だけど学校に行きたくないと思うことはあまりないなと思いました。たまに通学手段がめんどくさくて行きたくない時はあるけれど同じ人はいるのかなと思いました

• 夏休みや長期休みのあとの学校は、私も行きたくないなとか休み前になってもう一度やり直したいなと思うので私もそういう気持ちが分かりました。 宿題がまだ終わってなくて明日から学校となるとすごく焦るし明日からの学校が地獄だなと思うと思いました。

• 自殺まで思い詰めてしまう前に一度自分を許して息抜きしてもらいたいです。

• 命を失うことを聞いて悲しかった。

• ちゃんと宿題していきたいです。

• これからも頑張ろうと思いました

• 2学期を元気に頑張っていこうと思いました。

• 命を大切にする

• 夏休みボケしないように夏休みはダラダラ過ごさないようにしようと思いました。

• 不登校の人には苦しい気持ちで一杯の思いがあり、それを少しでも和らげることができるように学校や親や友達が支えていくべきなのだと思いました。

• 話を聞いて、9月1日に自殺する人が多いとは知っていたけれどどれくらいの人が自殺をするのかとかどの年齢の人が自殺が多いかは全然知りませんでした。自殺はあまり良くない選択肢だと思うけれど誰も助けてくれる人がいない時は、選択してもいいことなのではないかなと思いました。でも自殺だけが方法とは限らないので、自殺は最後の方法として、本人だけでなく、周りと人とも改善していくべき問題だと感じました。

• 学校は憂鬱なこともあるけれど何か一つ楽しみなことを作ったら私は頑張ることが出来ます。学校に来られない子の分も頑張りたいです。

• せめて高卒はしないと自分一人が生きていくお金も稼げないような世の中で、よく子供たちに「学校に行かなくていい」なんて言えますね。誰が悪いわけでもないですけど、現代の子供たちに明るい将来を想定させることは、不可能だと思います。

• 学校が辛くなった時ここで人生を終わらせるか、学校を休むかの選択肢に追いやられる9月1日。学校を休む選択肢となると焦燥感や劣等感に追いやられ、憂鬱な毎日を過ごすかもしれません。しかし、生き辛い世の中ですが、生き方は様々です。こうしなければといった自分の理想を押し付け、自分自身を嫌いにならないために、勉強、宿題、学校という枠組みにとらわれず、好きなことをやってもいいと思います。それが生き甲斐になり、職業に繋がるかもしれません。学校に休み時間などリラックスできる部屋があれば嬉しいです。

• この機会に私も考えてみたいです。

• 私もたまに学校行きたくないな、休みたいなと思うことがあって、夏休み明けの学校に向けて宿題を必死に終わらせたりして、気持ちがすごくわかりました。 9月1日は自殺する人が多くて悲しいなと思いました。自殺する人が減っていけばいいなと思いました。

• まずなんで夏休みなのに宿題出すのかさえもわからなかったけど、まあ頑張って宿題やったよ

• 生きていればいいことある どんなことになっても生きることは生かされている人の宿命だということがわかった

• 悩みがあれば、相談しようと思いました。

• 命を大切にしたいなと思いました。

• 長期休暇あけに学校に行きたくなくなる気持ちは分かるなと思いました。でも、死んでしまったらそれまでだからそういう人が多いのは悲しいなと思いました。

• 私も、夏休みが終わる時、もう一ヶ月経ったんだ。何がこの夏休みに出来たんだろうと感じることが多くあります。でも、学校に行く事が当たり前という社会の考え方や自分の思いがあるから、学校に行っています。色々な選択肢が増えた今だからこそ、その人自身が決めた事を尊重して、社会が認めてあげれる事もいると思いました。

• 人によって感じ方とかも違うからそれをわかればいいなと思いました。

• 自分も夏休み明けてから学校行きたくないっていつも思うけど自分の好きなことしたり、友達と話したりして早く学校に慣れたいなと思った

• 自分も夏休み明け行きたくなかったからすごく気持ちがわかった

• とてもためになるような話でした。

• 自分もすこし、気が緩んでいたので、今日の話を聞いてもっと身を引き締めようと思った

• その人にはその人なりの考えがあり否定するのはダメだなと思いました。まずは聞き入れてあげる事が第1だとおもいます。 私は高校に入るまではとても人見知りでクラスであんまり喋れない方でしたが高校に入ってから素の自分を出せる友達にたくさん出会いとても楽しいし楽です。部活と勉強とバイトの両立は結構体力的にしんどいですががんばろうと思えます!

• 夏休みの時間の使い方をもう少しちゃんと考えようと改めて思いました。 来年の夏休みには宿題をもっと継続的にやりたいです

• 夏休みからぬけだせない人がいて大変だということがわかりました。そう人がいたらサポートできるようにしたいなと思いました。

• 休み明けは学校が憂鬱になったりするけど、頑張ろうと思いました。

• 幸せを見つけたい

• 夏休み明けは確かにダルいし学校行きたくないと思うけど行かなければいけないと思っちゃうから行ってる

• 学校が大切なのがわかった

• 僕は夏休みあけで学校にくるのがいやではなかったけど、いやな人もいるからそういった人がいることを心に、とめながら生活したいと思います。

• これから頑張らないとなぁと思いました

• 勉強は嫌だけど学校は楽しいから卒業まで頑張ろうと思いました

• 辛くなったら少しでも休もうと思った。

• 学校はいくべきだとおもった

• 命を大事にしようと思った

• 私も夏休みが嫌いでさすがに死にたいとは思った事はなかったけど、世の中には

• 自分の命を大切にしたいと思った。

• 学校に行けないのは甘えだという人がいるけれど、その人の心はその人にしか分からないからほかの他人がどうこう言える問題じゃないと思う。友達にも不登校がいたけど、今は通信制て頑張っている。

• 人生で迷う事はあると思うけど、深く考えすぎないでいようと思った。 高校生ごろの年頃は、悩みが多い年齢なんだろうなと思う。

• 生きたくても生きることができなかった人、学校に行きたくても行けない人たちのぶんまで頑張ろうと思った。

• 死にたくなっても死なないで頑張って生きていきたいなとおもいました

• 九月は夏休みが終わって辛い時期なんは分かるけどまだまだ楽しいことがあるからとおもって頑張ろうと思います

• 僕は学校に来よう。

• 学校は友達と話すのが楽しいけど、授業は嫌やと思う時があります。だけどしっかり勉強したいと思いました。

• 失敗してもいいから学校に行って頑張ることが大切だと思った。

• しっかりと夏休みから学校生活への切り替えをよくすることが大切だとわかった

• 学校に行くのが当たり前じゃないことが改めて分かったので、1日の授業を大切にして受けていきたいと思った。

• 話しているだけじゃなく実際に音を出しているところがよかった

• こういう事実があるって言うのを分かっているなら学校が、宿題を出さなければ良いと思いました。

• 別に宿題とかぐらいで死ぬことではないとおもった。死ぬという選択肢を選ばれるのならば学校に行かないと言う選択肢の方が簡単です。逃げるという事を覚えた方がいいと思う

• 後悔する自分を想像して後悔しない行動をするべきだと思いました。

• 宿題に関しては自業自得だし夏休み1日目に戻りたいってゆうけど、また同じことをループするだけだと思ったけど、学校が嫌だったり人間関係がめんどくさいのはよくわかる。

• 良い話でした。

• 難しい話だった。

• 悔いのないように、日々学習に励みたいと思います

• 勉強に追い込まれた時とかしんどいのは当たり前だし、共感できる部分もありました。先のことを考えて今しんどくなるなら、深く考えるべきではないと思いました。

• 学校を頑張ろうと思った

• 私は、学校に行きたくないと思ったことはあるけれど辞めようと思ったことはないし勉強も全然できなくて未だに困ってるけど学校にもっと楽しいことがあるし嫌なことよりも楽しいことが沢山あることで行こうってゆう気持ちにもなるから行きたくないと思っている人がいるならそういう人達が少しでも減ったらいいのになと思いました。

• 夏休みがあけ、学校も始まってきたけどしっかりメリハリを持って授業を受けていきたいです。

• 私も学校に行きたくないと思うことがあります。 けれど、私は学校に行かないと言う考えがありませんでした。しかし、辛いときは学校に行かないという考えもいいのかなと思いました。

• 私も夏休み明けはとても憂鬱になります。しかし、世の中にはそれを通り越して亡くなってしまう命があるというので、とても残念だと思います。大切の命を守る方法を一人ではなくみんなで考えて行くべきだと思います。また、私のように何か趣味を持っていたり、家族と旅行に行く目標を立てるなど一人一人解決策があれば良いと思います。いつか、亡くなってしまう命が0になることを祈りたいです。

• 夏休みという長期間の休みが終わり、学校が始まって、憂鬱な気持ちと楽しみな気持ちが入り混じっていました。学校に通うことのメリットがあることを心に置いて、有意義な生活を過ごしたい。

• 学校に来れなくなってしまう子には、自分でもなぜこうなってしまったのかわからなく、自分自身を否定してしまうことがあるとわかった。

• 私は死にたいって思うことはほぼ毎日です。ですが宿題や学校は嫌ですが死ぬほどではありません。私はそもそも生きてる意味が分からず、私がいなくてもこの世は何も変わりません。そう思ったら私ってなんなのかなと思います。 メンヘラの考え方や不登校の気持ちがわからない人に、「死なないで下さい」なんて言われても何も感じませんし、逆に嫌気がします。 だから今日の話はあまり好きじゃなかったけど、女の人の音声での話はとても良かったです。そういう人の話を聞くと私も頑張ろうと思います。 でも死にたいと思うことが毎日で自分でもしんどいです。生きていることが当たり前で、生きていて偉いねって言ってくれる人なんていません。だからまずは「生きているだけで偉いし、すごいね」って言ってあげるべきだと思いました。 不登校者や自殺者が悪いという人もいますが、私はその人自身と家族、先生や周りの友達がしっかりとした環境を作ってあげられなかったのがダメなんだと思いました。教師は教えるだけで、そんなの関係ないとかいう人がいますが、ちゃんとして欲しいです。教師って生徒のことをどう思っているのか分からないし、ニュースなどをみていたら信用なんてできません。生徒に興味なんて持っているのかわかりませんが、その人自身をわかろうとしてあげて欲しいです。

—ーーーーー

たくさんの人が感想をかいてくれました。この時期だけのことでなく、学校は続くし、嫌なことも辛いこともあります。

友だちの力って良いときも、悪いときもどちらにおいても、強いものです。

いい影響を与えられる。大丈夫やれるよ。って声かけが心からできる人になりたいですね。

私たち、教師も人生の先輩として、こうした思いを受け止め、いっしょに考え歩んでいける学校にしたいと強く思いました。

「8月31日のままのあなたに」感想(その2)

コメントを残す

長文ですが、生徒が書いてくれた感想です。しっかり書いてくれています。読んでください。今日で感想の投稿は207名になりました。

• 私は学校が大好きだし、行きたくない、行けない、と思うことはありません。反対に、夏休みでずっとすることがないと生活リズムがおかしくなってしまうので、はやく学校に行きたかったくらいです。だから、学校に来るのが辛いっていう人の気持ちはあまり理解してあげられません。でも、ひとつはっきりと思うことがあります。それは、死ぬことだけはよくないということです。死んでしまったらもうそこで全てが終わってしまうと思います。学校に行きたくない、未来が暗いから生きていても意味がない、そう思う気持ちは分からないこともないです。むしろ、人間なのでそう思うことがあるのも普通のことだと思います。でも、その未来は決定なのでしょうか。明るい未来を想像することができないだけで、暗い未来が必ずくると決まっているのでしょうか。良い未来がくる可能性はたくさんあるはずです。死んでしまうということはその可能性を殺してしまうことです。また、自分を待ってくれている人、いい方向に向かえるよう応援してくれている人、信じてくれている人の気持ちを殺してしまうことでもあります。だから、死んでしまうことだけは絶対にだめです。死んでしまったら楽になれる、死んだ方が幸せ、そんなことは絶対にないです。楽しいとか、幸せとか、そんな気持ちは生きているからこそ感じられるものです。 学校には最悪、行けなくてもいいです。でも本当に死ぬことだけはやめるべきです。頑張って乗り越えてほしいです。どんなに辛くても、明るい未来が待っている可能性と希望を忘れないでいてほしいです。

• 校長先生の話を聞いて、たしかに今私は何のために生きているのだろうと思いました。今出されている課題をやってもまた出されるし、それの繰り返しだからとそのまま心に入ってきました。でもそうではなく勉強をしたくても出来ない人もいると思うし、今やらせてもらっているという事に感謝してこれから生きていきたいなと思いました。

• 私も、夏休み明けの学校は、行きたくないなと思います。 でも、私には、将来の夢があるから頑張らないと、と思って学校に行きます。 私には、学校に来れない子の気持ちが十分にはわかってあげられないけれど、学校にまた一緒通って、一緒に楽しいことも悔しいことも、感じられたらいいなと思います。

• 私も夏休みの最終日に学校へ行きたくないと思うけど、行かないとダメだからという理由で行きました。それは毎年のことで自然なことだと思っていました。しかし、校長先生の話しを聞いて行かないとダメだと分かっていても体が動かない人がいる、そして自殺してしまうことにショックを受けました。私は、前にSNSで自殺したい人のツイートを見たことがあります。ほとんどの人は「自分には価値がない、生きる意味がない、死んで楽になりたい」と書いてありました。これは、生駒と同じで自分に求め過ぎているのだなと思いました。だから、この人たちに「存在しているだけで価値がある、生きていて良かったと思う日が必ず来る」と伝えたいです。また、私もあまり追い込まず心に余裕を持って人生に向き合おうと思いました。
• 毎日学校に行くことは当たり前だけど、すごい事なんだと思わされた。 これから長い2学期に入っていくけれど勉強は一生懸命頑張って楽しい学校生活が送れるといいなと思った。

• たしかに私も、学校を休みたいなと思うことはあります。しかし、それでも学校には行かなくてはいけないと思います。勉強は好きではないし、できるならしたくありません。でも、勉強することは、とても大切なことだと思うからです。それに、学校生活自体は、小学校や中学校の時よりも断然楽しいです。クラスの人たちもいい人ばかりで、本当に恵まれていると思います。辛いこともあるけど、楽しいこともあるので、なんとかやっていけています。

• 私も夏休みの後の学校はめんどくさいと感じます。でも来ることができているのは、クラスの楽しい雰囲気や友達に会いたいという気持ちからだと思います。なので、改めてクラスメイトの大切さを知りました。生きていても意味がないし「死にたい」と思ったとき、思いとどまらせてくれるのは家族や友達だと思います。今日の話を聞いて、ただ我慢するだけでなく、時には休んだり、相談したりして身体的にも精神的にも健康を保つことが大切だと分かりました。そして私も友達の力になれるようにしたいです。 今ある人生を精一杯謳歌したいと思いました。

• 私は朗読の方ほど「死にたい」とか「学校に行く気がしない」ということは今までにないのでそんなに深くは考えたことはないけれど、「どうして学校に来ているのか」その意義を改めて考えることが必要だと思いました。それがはっきりすれば少しは学校生活も有意義になると思いました。 辛くなったら休んでもいいと分かったので自分が限界を迎えないよう適度に休みながら生活していきたいと思いました。

• 私は9/1に自殺が多い日だと初めてお母さんから聞いて知りました。私は自殺をしてしまうことは正直意味が分かりません。生きたくても生きられなかった命があるのに自ら命を絶ってしまうのは自分の甘さだとさえ感じてしまいます。しかし、今ではこんなですが私も死にたいと思った事はあります。小学校1年の時、6年生の人達から軽いいじめ?みたいなのを受けてきたからです。でも私より幼馴染の方がひどいいじめを受けていたので辛さを知っているの

• 9月1日は、子供が多く死ぬ日だと言われているなんて知らなかったけど、宿題をやっていないってだけで不登校になったりするのはとてももったいないと思う。また、自殺をするということは自分が死んで悲しむ人を不幸にさせると私は思うので、今この時の一瞬一瞬を大事にしていきたいと思う。 悩んで死のうなんて思わず、一回信頼できる人に頼ってみようと思った。

• 夏休みが終わって二学期が始まるけど 学校に行きたくない人 行けない人がたくさんいるということを 初めて知りました。

• 私は、今年の夏休み特に学校に行くのが嫌だという思いはありませんでした。しかし、夏休み明けの学校に行くのが嫌で自殺してしまう人が多いというのが現状なのだと改めて感じました。実際私の友達も学校に行くのが嫌で死にたいといっていました。その時私は相談されてすこしゅ戸惑い負担に思っていました。ですが、今はその人の支えになれているのでよかったなと思います。

• この話を聞いて、自分はこのような人がいたら助けてあげたいと思ったし、話だけでも聞いてあげたいと思った。

• 死を考える人の気持ちが少し分かった。 気持ちがしんどくなったら楽をしても良いんだと思った。

• 誰だって学校に行きたくないし課題をするのが嫌だと思います。でもやってもやっても次々に出てくる提出物を高校3年間も、大人になってからも、生きている限りはずっとやり続けなければならないです。やり続けないといけないというこれからのプレッシャーと今夏休みの課題が終わっていないという現実から学校に行きたくないと思ったり、不登校になってしまう人もいるかもしれないです。私は自分にも周りにも期待しないことがストレスや負担を軽くする上で大事だと思いました。みんな人間だから失敗もするし、忘れたりします。でもそれは自分も周りも一緒なのでそんな重く感じずに軽い気持ちでいた方がいいなと思いました。たくさんの人にこのお話を聞いたり、読んでもらって少しでも不登校の人や、学校のことで苦しんでいる人が減ってほしいです。

• 校長先生の話を聞いて、私は学校が始まると同時に命をたくさん落とす人がいることを初めて知りました。理由はそれぞれあるのだろうけど、手を差し伸べられる人がいたらまた変わってたのかなと感じます。私も辛いとき、たくさんありますが友達がいるからこそ救われているので友達の大切さが改めてわかりました。

• 長い休みが終わって学校に行くときは私も行きたくないといつも思うし宿題もそれまでに終わらせるのは大変です。でも命を絶つという考えは今までなくそんな風に思う人もいるのだとびっくりしました。どんなに追い込まれても命は大切にしなければいけないなと感じました。

• 自分自身学校に行きたくないと思ったのが、朝が早いからという理由でしか思ったことがないから、何らかの理由で学校に行けない人の気持ちを十分に理解することはできないけど少しでも力になれるならできる限りのことはしようという気持ちになりました。

• 私はまだ学校に行くことが辛いとか思った事はないけれど、辛くなった時は一人で抱えず弱音を吐き出すことも大切だなとかんじました。

• 夏休み明けは確かに気が重くて学校に行くのがめんどくさいと思うけど、気を引き締めて頑張りたいです。

• 9月1日が夏休み明け学校来れなくなる人の多くが亡くなってします日なんて初めて知りました、学校行きたくない気持ちも授業が嫌な気持ちもわかります。でもそこで多くの人が死んでしまうのは私もすごくもったいないと校長先生に共感しました。

• たしかに私も夏休みが終わって学校に行くのだるいなと思っていて気持ちがよくわかった。たくさん辛いこともあると思うけど仲間と支えあいながら頑張りたいと思いました。

• 私も死にたいと毎日思っていた時期がありました。 でも、私にはちゃんと止めてくれる人がたくさんいました。 誰かに必要とされていて、「死ぬ前に先生に電話してください。すぐに駆けつけますから」って、「死ぬなら一緒に死んであげる」って言ってくれた友達もいました。その時に、ほんの小さな光がさした気がして、あと1年、中学校最後の1年、もう戻ってこない1年、「誰かのために生きてみよう」って思いました。夏休みの宿題も日々の宿題にも、受験にも追われる日々の中、私を支えてくれた先生や友達、そんな人たちがいるから今の自分はこんなに笑顔でいられるんだと思いました。自分を変えてくれる人は自分で見つけなければいけないのかな、と話を聞いていて思いました。

• やはり周りへの気遣いが大切だと思った。本人がどんな辛い思いをしているかわからないかもしれないが、少しは自然と行動にあらわれていると思うからこそ、そのきっかけを元に少しでも力になれるような人になりたいと思った。それとは逆に、もし自分がその立場であるならば、伝えづらいかもしれないけれど、誰かに相談することが大切だと感じました。

• 自分の命はしっかり自分で守っていこうと思った。 頑張って生きていきたい。

• 人からしたら少しの事でも自分からしたら大きな事という事がたくさんあります。その中でどれだけ人の気持ちを考えることができるかという事を常に考えていきたいと思いました。

• 中学生の頃の自分を思い出しました。自分にも学校が行けなくなった時があり、その時はとても辛かったなと思い、校長先生のお話を聞いてて、共感する部分がたくさんありました。特に印象に残っているのは、「あなたがあなたであることで価値があるのです。」ということが印象に残っています。無理してまで、違う自分を作らなくても良いというふうに感じました。ありのままでいることの大切さを改めて感じました。私は、人に無理してまで合わせていた時もあったので、これからは自分らしく貫き通していこうと思います。中学生の時に自分が学校に行けなくなったことは今後の糧として自分が看護師になった時に、同じように悩んでいる子供たちに出会ったら必ず手を差し伸べられる、そんな看護師になろうと思います。

• 今は学校に行きたくないと思っているけど、なにのために学校に行くかをしっかり考えて、毎日の生活を過ごしていきたいと思いました。

• 日星高校は8月から学校が始まるので9月1日はあまり関係ないけれど、全国を見ると9月1日に自殺をする人が1番多いのは何年も前から毎年耳にします。 私は自殺は逃げだと思うので絶対しないしさせたくありません。

• 学校が嫌になっても、他に生きていく道はあるから、もし全てが嫌になっても、そこで立ち止まって、もう一度考え直そうと思いました。命を絶つことを考え直して、生きてくれる人が一人でも多くいてくれたら良いなと思います。

• 話を聞いた人みたいな人がいたら、助けてあげようと思った。

• 校長先生の講話は、自分のクラスには校長先生が話しておられたことを思って登校している人がいないか改めて考えさせられる話でした。今のところクラスにそのように思って登校している人はいなさそうですが、そのように思っている人がいたら積極的に話を聞いて、その人がちょっとでも楽になって学校にきて欲しいなと思った。また、クラスのみんなで学校に来やすい環境を作っていくことも大切だと思いました。

• 私の中学生時代の時の友達にも不登校になってしまった人がいました。その人の気持ちを知らなかったし考えたこともなかったけど本人からしてもなんで休むようになったか分からない、というのを知ってビックリしました。最近、ニュースで小中高校生の自殺のニュースをよく見ます。なんでやろ?と思うけどそうなるまえに誰かが助けてあげなければならないと思います。宿題が終わってない、という人がいたら一緒に勉強してあげたり、来にくい人には休む事が習慣になる前に声をかけてあげる、など自分に出来ることは沢山あると思うので8月31日が嫌なんて思う人がいなくなればいいなと思いました。

• 私は昨日、休んでいたので日星ブログを読んで、私は課題ができなくて気を病んでしまうというのはあまり共感できないけど、そんな人もいるんだと知りました。

• 生きていると、辛い事は沢山あるし、いなくなりたいって思うこともあるけど、その辛いことも自分の人生だから、それも思い出の一つとして楽しみたいなと思いました。また、辛い思いをしている人が、となりにいたら、すぐに気づいて、手を差し伸べてあげたいと思いました。

• 色々な悩みを抱えている子とそうでない子がいるので 困っている子には手を差し伸べたいです。

• 今回の話は自分の為にされているみたいで、とても心に響きました。自分も病んで死にたいと思う時があり、とてもその話に共感できました。自分もこれから何か変わるきっかけを見つけていきたいです。

• 感じることは人それぞれ違うので、色々なことを感じていく中で戸惑っている人や、助けを持っている人の力になれるような看護師になりたいと思うし、身近の人もよく見て支えていきたいと思いました。

• 9月1日は自殺をする人が1年で最も多い日。このことは知っていたけど、なぜ多いのだろうと疑問を持っていました。ですが、校長先生のお話を聞いて納得しました。宿題が終わらず何となく学校に行きたくなくなり死にたいと考えてしまう。わたしには正直その気持ちがよくわからないけれど、そのような感情になっている友達、クラスメートがいたら助けてあげられるのは自分かも知れないから。

• 勉強が苦手な人はたくさんいると思うし、学校に行きたくない人もいると思うけど、そんな人達が学校に行こうと思えるような学校を作っていくことが大事だと思いました。

• 自殺はとても悲しいしとても命がもったいないと思います。私は死のうとしたことがないので自殺をする人の気持ちはあまり分からないけど、夏休みで学校から長い間解放されていた分、余計に辛くなるのはわかるなと思いました。だけど、どんな事があっても死ぬのだけは良くないと思います。今辛くても、生まれてから死ぬまでずっとつらいことばかりなんてことは絶対にありえないから、苦しい時は逃げればいいと思います。学校を辞めたところで、自分の将来が無くなる訳ではないし、辛い思いで学校に来ている方が無駄な時間だと思うので、全然逃げていいと思います。逃げることは負けじゃ無いと思います。少しでも自殺する子供が減ればいいなと思いました。

「8月31日のままのあなたに」の講話を聞いて(その1)

コメントを残す

講堂朝礼のあと、Classiでアンケートを配信し、フィードバックしてくれました。全校の半数以上の生徒が書いてくれています。

話を聞いて生徒の感想です。しっかり自分事として受け止め、共感してくれています。

———-ーーーーー

• 僕は生きようと思いました

• 誰もが夏休みなどの長い休みの後は、学校に行きたくなくなるんだなと思いました。自殺する人が少なくなって欲しいなと思います。

• 人生には何があるかわからないけどプラスのことを考えて生きていこうと思った

• 夏休みの間に変わることはとてもあると思いました。 また、本の内容(?)はとても辛い気持ちがわかる内容でとても共感出来ました。

• いやだなって思っていてやらなかったら将来後悔することが、分かったので気が乗らなくても頑張りたいなと思います

• 中には学校に行きたくなくて自殺する人もいるんだなと思いました。今自分のできることを見つけてそれに集中してほしいと思いました!

• 命を大切にして生きていかないとダメだとおもった。

• 人生は長いのだからその人生のたった3年間つらいだけで死ぬのは非常に勿体ないと感じます。

• とても良い話だなと思いました。

• 生きるためにたいせつなことなどたくさんのことを学ぶことができました。

• 私は、当たり前に学校に行って楽しくしているけど、学校にわけあって、いけない人もいてかわいそうだと思いました。

• 完璧な自分や自分の力量を超える自分になろうとしたりせずに今の自分を大切にすることが大事だと知ることができた。

• 話を聞いて考えが変わった。 不登校になる理由も、むずかしいけど来てみることが大事だと思う。
• 夏休みは後悔のないように過ごしていきたいと思った

• 8月31日という高校生にとって大きな意味のある日、9月1日という自殺の多い日が、大変だと思います、心が疲れるのはよくあるので、気をつけたいですね

• 努力は大切

• 自分も辛いことがあっても無理をしない程度に頑張ろうと思った。

• 2学期が始まって、いろいろ忙しいけど頑張ろうと思った。

• 学校に行くのは、めんどくさいと感じるし、嫌だなと思います。でもそんな時には休むというのも選択肢にあることを忘れないようにしたいです。

• 夏休み明けでも頑張らないとダメだなって思いました。死んでしまったらもう何も出来ないし、学校が嫌でも頑張りたいです。

• 辛いこととかあったら、抱え込まずに相談とかしてめげないことが大事だと思った。まだ気が抜けていたりするので、しっかりと気を引き締めて頑張りたい。

• 命はひとつしかないから自殺とかでもったいない死に方はしたくないとおもった。

• 人生は、楽しいことばかりじゃなくて、嫌なこと、悔しいこともあると感じました。

• 課題が終わらなくて、憂鬱になるのはすごくわかるけど、それが原因で自殺を考える人がいるということに、驚かされた。

• 私も不登校だった時があったから共感できる所があった。

• 夏休み終わりの気持ちの切り替えが大事だと思いました

• 校長先生の話を聞いて、9月1日は学校に行きたくなくてたくさんの子供たちが亡くなってしまう日だと知りました。あまりにも、もったいない命だなと思いました。

• 己には器があり、夢や目標というのは必ず器より溢れてしまう。 だからこそ夢を叶えるため器を大きくし、夢が溢れぬように抱え持つ「努力と研鑽」が必要なのだと知った。

• 夏休みダラダラしていたら、二学期の始まりが嫌になってしまうし、勉強もできてないから、最終的には、死を選ぶ人がいると言うことを知った これから冬休みとかあるけどダラダラしないようにしたいです

• 不登校になってもいいから、生きていなければと思った。自分も命を大切にして、自殺はしないようにしようと思った。

• 頑張りたいと思った。気を緩めず任された仕事はきっちりやりきりたいと思った。

• 課題をせんかった自分が悪いと思う

• 命の大切さが分かった 自分ってゆうのは1人しかいないので、大切にする

• 夏休みが終わり学校に行けなくなってしまったけど頑張って自分の幸せを見つけたんだなと思いました。

• 少し悲しかったです。 絶対学校には来たいと思いました。

• 一人一人悩みがあるけど、しっかり乗り越えていかないとおもった

• 宿題出来なくて死ぬなんて馬鹿らしいと思った

• 簡単に死んだら行けないと思いました

• 話を聞いて自分も勉強から逃げたい時があるので気持ちがわかりました。でも勉強や課題から逃げずに頑張りたいです。

• 私は今日のお話で、無理に頑張り過ぎなくてもいい事を学びました。人によって学校にプレッシャーがあったり嫌なことを言われたりといきたくない理由はそれぞれあると思うけれど、ちゃんと学校で学び続けるには、休みも必要だからです。自分で無理だと思う前に対処していく力は大切だと思います。

• 私も学校に行きたくない時とかは、仕方なく無理をして行っていたけれど、それで自分を追い詰めてしまわないように気をつけたいと思った。 夏休みの初めに戻りたいと思うこともあるけど、戻れないからこそ、夏休みのはじめに意識をして提出物を出せるように努めないといけないと思った。 私も、課題を提出するのが遅れたりして、何度も夜遅くまで課題に取り組んで、自律神経が乱れ、辛い思いをしてしまったことを思い出しました。 辛い思いをすることは自分の原因でもあるから、辛い思いをしないためにも、自分から前向きに意識を変えていこうと思いました。

• まだ課題を自分も出せていないので朗読1に出てくる高校生の気持ちはよくわかりました。けれど出せていないからといって逃げてしまうのは違うんじゃないかなと思いました。学校をやめてしまうのはもったいないと思います。学校で学べることはたくさんあるし行かないのは損だと思います。やめてしまったとしても講話にもあったように高校をやめても人生は続いていくのだから他に目的を持って生きて欲しいと思いました。人生は一度きりなので早まらずに常にまえを向いて過ごしていくことが大切なのかなと僕は思います。

• 自分は、全然学校が楽しくないとか行きたくないとか思ったことないし、むしろ行きたい!って思うから不登校の人とかの気持ちがよくわからないけど、今日の話を聞いてなんとなくだけど理解できたような気がしました。友達との関わりも、先生との関わりも今の自分にとってとても大切なことなんだなと思いました。

 

 

「涼宮ハルヒの憂鬱から」8月31日のままのあなたへを受けて

コメントを残す

育友会長の道林さんから、メッセージをいただきました。そのまま転載させていただきます。

いつも御世話になります。育友会 会長の道林勇一でございます。

夏休みも終わり保護者の皆様いかがお過ごしでしょうか?

私は夏休みの繁忙期が終わり仕事も一段落した休日にアプリでアニメを見ておりました。京都アニメーションの大火災から1ヶ月が過ぎ応援の意味もあり「涼宮ハルヒの憂鬱」という高校を舞台にした作品です。主人公の涼宮ハルヒは、夏休みが終わってしまうのが、嫌で9月1日以降の未来を消してしまい夏休み最後の2週間を何度も繰り返す世界を作ってしまいます。同じことを何万回も繰り返す世界です。

偶然にもその時日星高校の校長先生よりメッセージがスマホに届きました。内容は、日星高校ブログ「まだ8月31日のあなたへ」を読んでください。生徒さん達に「熱いメッセージ」を贈りましたと
涼宮ハルヒの物語では、エンドレスになった夏休みから友達たちの力によって無事に抜け出せます。日星高校にも夏休みを終わらせてくれる素敵な友達スイッチを入れてくれる友人や先生方がたくさんおられるはずです。
保護者の皆様も日星高校ブログ「まだ8月31日のあなたへ」を読んでみてください。

校長講話 「まだ8月31日のあなたへ」

コメントを残す

校長講話 「まだ、8月31日のあなたへ」

今日は、9月の3日

学校が始まって1週間が経ちました。

まだ、心が、モヤモヤしていたり、提出物になやんだり、ずっと休んでいる人もいます。そんな人のことが心配で、この時間をいただきました。皆さんにどう言えばメッセージが続くのかずっと考えていました。

8月31日、土曜講座で勉強にきていた生徒数人にインタビューしました。

「夏休み明けとか、土曜講座とか ちょっと休みたいなって気持ちあるよね」

「あるある」「そんな時どんな風にスイッチ入れるの?」

「しかたなしにって思う」「うーん。勉強余り好きでないけれど、学校は楽しいから来る」

「私もいっしょ」「私は、音楽とか聴いて、いやな気持ちを忘れる」「そのうちだんだん、学校のペースになれてくる」って答えてくれました。

夜になるとNHKのテレビで「8月31日の夜に」と言う番組をずっとやっていました。

番組に寄せられた手記の朗読を聞いてください。

(朗読1  朗読者 生駒里奈さん )

高校1年生の夏休み最後の日、本気で思った。心の中で願った。どうかどうか夏休み最初の日に戻してくださいって。

高校に入ってから朝起きられないことが続いた。布団の中で体が固まってしまって何度も学校休んだ。ただ体と心がひどく疲れているみたいで何もする気が起きなかった仕方ないね、「何もやってません」て言うしかない。

いいよそんなふうに言われて、始業式の自分を想像する。白紙の提出物を出す自分。どうしてこうなっちゃったんだろう。あの時まで戻れたらいいのにタイムマシンがあったらいいのに。

続き

広報まいづる 9月号 ウズベキスタン交流

コメントを残す

ウズベキスタンのレスリング・柔道チームとの交流。市民訪問団のウズベキスタン訪問の記事掲載。本校卒業生の真下栞里さんの記事も読んでください。

IMG_0005IMG_0001IMG_0002IMG_0003IMG_0004

必要のない人なんていないんだから。

コメントを残す

内田也哉子メッセージ

Older Entries Newer Entries