広報まいづる8月1日号掲載

コメントをどうぞ

専攻科のボランティアの記事

 

なぎなた部インターハイ出場

看護科を昨年度卒業した福原さんのお父さん

本校吹奏楽部立ち上げにも随分尽力いただきました。

看護科4年生魚屋大森地区へボランティアに

コメントをどうぞ

豪雨で伊佐津川が氾濫し、土砂の家屋への流入災害や床上浸水した西舞鶴 魚屋大森地区にボランティアに行きました。畳を上げた床にたまった泥は30センチもあります。家の中一杯の泥を掻き出したり、庭にたまった土砂をスコップで土のう袋に入れたりの仕事。    昨日は、先生方で20名、今日は、授業で登校していた4年生33名が授業後に参加しました。4年生は、昨年の9月の台風被害の時も、魚屋大森地区にボランティアに来ています。毎年の災害で大変な思いをされているお家の人の身になり、暑い中大変でしたが、笑顔で任務を終えました。

先生たち、ボランティアに

コメントをどうぞ

先日の豪雨によって、魚屋地区・吉原地区は、伊佐津川が氾濫し、土砂が家の中に入り込みました。

 

私たちができることをと、まず先生達がボランティアにでかけました。

「昨年よりもひどい」と魚屋大森の自治会長さん。泥が、すごい量でたまっていました。

それを土嚢にいれ、運びます。「毎年お世話になります」と喜んでいただきましたが、

毎年のように災害では、住民はたまりません。全国の被災地の方のご苦労を感じます。

Sクラブ身体障害者運動会にボランティア

コメントをどうぞ

農業支援ボランティアが求められています

コメントをどうぞ

災害ボランティア市民新聞記事

コメントをどうぞ

舞鶴市民新聞10月31日号に掲載いただきました。

宮津・福知山で台風被害 ボランティアを求めています。

コメントをどうぞ

先日の台風の被害はいかほどだったでしょうか。被災された皆様にお見舞い申し上げます。

本校の生徒の中で、3名の生徒の家が、床下浸水や外壁の壊れなどの被害にあっています。

以下の新聞記事をごらんください。

https://mainichi.jp/articles/20170920/ddl/k26/040/375000c

https://mainichi.jp/articles/20170919/ddl/k26/040/236000c

Older Entries