宗教講話「違いを大切にするーカナダの友人の残したもの」 

コメントを残す

今日は、「互いの違いを大切にすること」についてお話します。

1月19日からカナダのセントパトリック高校から8名の生徒が来ていました。
どのクラスにもとはいきませんでしたが、多くの生徒が出会い交流することができました。2月2日の土曜日に感謝のうちに元気に帰って行きました。

金曜日にさようならパーティが有り、カナダの生徒が準備してくれ、私たちを招待してくれました。中心になった特進コースの1/2年生はもちろんですが、授業や部活見学などを通して、友達になった多くの生徒も参加しました。総合や看護の生徒もホストファミリーの方に混じって楽しめたこと。看護科生や総合コース生の短期留学に続いて日星のカナダ交流の新しい1ページとなりました。
部活で仲良くなったという総合コースの生徒は、ラインのIDを交換してチャットをしていると聞きました。英語できるのって聞くと、ラインで日本語と英語の変換エンジンをグループにすると、「こんにちは」と書くと相手には「こんにちは」の下にGoodevning と出るし、向こうが、「How aboutなになに」 って書きこむとこちらには「何々はいかがですか」って訳が付いてくる。そんな手段でメールのやりとりが続けることができる時代になりました。
でも、どんな便利な機械があってもその人が「友達になりたい」って強く思わないとできません。「友達になれるといいな」とみんな思っていますが、一歩踏む出す人はなかなかありません。勇気をもって参加したみんなをすごいなって思います。

続き

インド人のアナンドさんと

コメントを残す

舞鶴の観光の振興にこられていた劔菱さんと久しぶりにお出あいし、インドからきて高専で教えておられたアナンドさんを紹介いただきました。インドは英国植民地以来の英語圏。英語とITで日本を抜いている国。こんな留学もあります!

カナダ生の残してくれたもの

コメントを残す

カナダ生帰国へ

コメントを残す

ホストファミリーや部活のメンバーも見送りに。名残惜しい光景がここかしこに

カナダ生とのさよならパーティー

コメントを残す

カナダ生が準備してくれた素敵な時間。お世話いただいたホストファミリーの皆様に感謝です。

カナダ生 茶道体験

コメントを残す

カナダ生「茶道を体験」
1月29日(火)のお昼前にテレサハウスで茶道を体験しました。
毎回、カナダとの交流の際に茶道においては、日星の教員から英語による説明を受け、お茶の時間の礼儀作法について知り、実際に懐紙に御菓子をとって、教員の立てたお茶を頂くまでを体験します。映像や画像で見聞きしたことのあるお茶がどのようなものか、実際に体験をし、抹茶を味わい、興味を持つことができたでしょうか。担当なさった先生、各係の仕事をやり切った生徒らもよい交流ができました。

カナダ生機織り体験 新聞記事

コメントを残す

両丹日日新聞1月29日号に掲載されました。

Older Entries