受賞おめでとう。インターアクト部の皆さんへ 

コメントを残す

昨年度まで顧問として担当の堀重之先生から、受賞についてのメッセージを送っていただきました。

ご無沙汰しています。いいお知らせをありがとうございます。インターアクトのみんなが、ウズベキスタン展で、雨の中一生懸命グッズ販売してくれたり、展示してくれたり、鶴を折ってくれたり、文化祭でステージや、スライドなどで活躍してくれたり、色々頑張ってくれたおかげですね。部員へのメッセージを思いつくまま書かせてもらいます。

インターアクトの皆さん、お元気ですか?」舞鶴ユネスコ賞に選定されたとのこと。本当におめでとうございます。新聞にも、載ったのですね。少しでも、頑張ったことを見てくれている大人もいるのですね。
実は、高校生のみんなの力は、大人以上のものがあると思っています。若い人が疑問に思ったことを発言することは、世の中を動かしていくくらいの力があると思っています。日星高校の良いところは、自由にものが言える民主的なところだと思います。
おそらく、「こんなことやってみたいんだけど。」と、提案すると、先生方は、絶対後押しをしてくれると思います。そこが他校とは、違うと思います。
国際交流(もちろん国内交流も)に興味のあるインターアクトの純粋なみんなが、国際的視野でクラブの友達と話し合って、できることを行動に移してみて下さい。
今、コロナで動けないならば、テレワークをするチャンスです。また、じっくりものごとを考えるチャンスでもあります。外国は、どうなっているのか、調べる時間もあります。
ウズベキスタンにこだわる必要はありませんが、ウズベキスタン🇺🇿のリソラットさんとインスタグラムで繋がることは、いつでもできますよ。
今は、コロナで海外旅行へはなかなか行けませんが、必ずその反動がやってきますから、その時のために準備をしておいて下さいね。人との交流のない人間社会が、面白いはずないですからね。
これからますます、すべてにおいてプラス思考で、頑張ってください。

写真は、昨年夏の舞鶴市民訪問団としてウズベキスタンへ行った日星チーム(一部)ナボイ劇場前で、リソラットさんと

アルトウルさんによるウズベキスタンのお話講座

コメントを残す

広報まいづる 9月号 ウズベキスタン交流

コメントを残す

ウズベキスタンのレスリング・柔道チームとの交流。市民訪問団のウズベキスタン訪問の記事掲載。本校卒業生の真下栞里さんの記事も読んでください。

IMG_0005IMG_0001IMG_0002IMG_0003IMG_0004

ウズベキスタン展 ミュージアムトークご案内 18日

コメントを残す

現在、引揚記念館で開催中の企画展「ウズベキスタン抑留~抑留から交流へ~」に関連したイベントとして、『駐日ウズベク大使館グリャモフ・イザティラ三等書記官のミュージアムトーク』を開催します。
東京2020オリンピック・パラリンピックまであと1年。舞鶴市が柔道・レスリング競技のホストタウンとなった「ウズベキスタン」のことを知る「ミュージアムトーク」に、ぜひご参加ください!

■日時  8月18日(日)13時30分から15時30分
■場所  舞鶴引揚記念館セミナールーム
■入場料  無料(別途入館料が必要)
■内容
・暮らしに身近な産業、観光、文化をはじめ学校教育、医療システムなど、日本との違いなどについてのお話
・参加者からの質問コーナー
・参加者先着50名にウズベキスタンの「メモ帳」と「ガイドブック」を進呈
引揚記念館ームページ(URL)http://m-hikiage-museum.jp

ウズベキスタンレスリングチーム公開練習

コメントを残す

8月18日(日)、20日(火)、21日(水)の三日間、文化公園体育館にウズベクのレスリング、柔道の選手たちを応援に来てください。
きてもらった方には、選手名鑑とウズベク国旗(紙)を進呈します。
また、その場で1000円で応援団に入ってもらったら、応援タオルを進呈いたします。
(スポーツ振興課より)

抑留者資料館訪問

コメントを残す

抑留者資料館のスルタノフ館長と再会。昨年の本校文化祭に来ていただいた。孫娘のリソラットさんともお出合いし、同行いただいた。
資料館の中には、昨年、来校時にお渡しした日星高校との交流のパンフレットも展示していただいていました。
交流の始まりは、舞鶴市のHPをご参考に

クリックしてNo.1.pdfにアクセス

日本人抑留者が建設に関わったナボイ劇場を訪問。イスラムの行事で閉館日にもかかわらず、中にいれていただいた。日本人兵士が関わったという彫刻やホールの電気などを見ると感慨深い。

タシケント日本人墓地慰霊

コメントを残す

タシケントにも日本人墓地があります。180名の墓碑がきれいに整備された墓園に整然と並んでいます。
献花、献茶、ふるさとの演奏と歌、線香を手向ける。遠い異国の地で無念の死をとげた若者の思いを受け継ぎ、鎮魂碑に書かれた「永遠の平和と友好 不戦の誓いの碑」を心に刻まなければならない。
ソ連時代には、土をもっただけの墓地であったようだが、独立後は遺族関係機関の支援やウズベキスタン政府の協力により、現在のように戦没者名と出身者県を刻印した墓石が設けられ、敷地内には、ウズベキスタン13カ所の日本人抑留者墓地の共同慰霊碑が建てられている。安倍首相もここに参拝されている。
こうして墓を維持していただいている方がいらっしゃることに頭が下がります。市長からも慰労の言葉がありました。

Older Entries