明日は地球のステージ

コメントをどうぞ

引揚記念館 30周年・グランドオープン 記念行事が開かれました。(3月24日)

コメントをどうぞ

    

 

日星高校はさまざまな国際交流に力を入れていますが,舞鶴の引き揚げの歴史も大いに勉強しています。

将来の「語り部」を目指す若者もいます。舞鶴の財産でもあるこの引き揚げの歴史を語り継いでいきたいものです。

引揚げの語り部に

コメントをどうぞ

京都新聞2月1日号

2年生沖縄学習旅行事前学習第2弾!

コメントをどうぞ

3月6日からの沖縄学習旅行に向けて,これまでに各クラス,姫ゆり学徒隊の映画を見ましたが,本日は講堂にて水嶋校長先生からのプレゼンテーションと事前学習担当の堀 重之先生のプレゼンテーションがありました。
心理学でよく使われる「だまし絵」のスライドを用いて,同じものを見ていても2通りの見え方がある。見えない部分が見える努力もしなければならない。基地問題などであっても,物事を一方的な見方をするのではなく,「様々なの意見を知ることが大事だ」という内容の重いお言葉がありました。
一方堀先生からは具体的な旅行の行程を地図を用いて説明されたり,戦争・平和・自然・地理・文化・歴史・観光など様々の角度から,具体的なお話がありました。
「美ら海水族館か,スキューバダイビングのいづれかを選択しなければならず,悩んでいる人がいます。」「水槽の外から大きな魚を眺めるか」「小さい魚でも実際の魚に餌をやれる方を取るかもう少し悩んで決めてください。」
「学習旅行に行くまでいろいろ調べて勉強するときが最も楽しいときです。その時間を有効に使ってください。そして将来につながる持続可能な沖縄学習旅行になりますように祈っています。」と締めくく られました。


引き揚げの「語り部」募集されています

コメントをどうぞ

高校生もぜひ応募してください。

広報まいづる1月号より

平和の鐘をならそう

コメントをどうぞ

72年目の終戦記念日 引揚記念館では、正午の黙祷に続き、ユネスコ協会の皆様と「平和の鐘」をならしました。

戦後72年 堺の高校生の記事

コメントをどうぞ

【戦後72年】堺の空襲の記憶継ぐ 地元高校生が証言をビデオに

【戦後72年】堺の空襲の記憶継ぐ 地元高校生が証言をビデオに

堺大空襲について話す花澤廣子さん=堺市北区

(産経新聞)

 第二次大戦末期の昭和20年、5回にわたって堺市内を襲った空襲の記録を残そうと、同市堺区の高校生らが、当時を生き抜いた被災者らの証言をビデオ録画する活動に取り組んでいる。15日で戦後72年となるのを前に、戦争体験者が減り続ける中、生徒らは「つらい話もあるが、生の声を聞ける最後のチャンス。きちんと記録に残し、後世に伝えていきたい」と意気込んでいる。(猿渡友希)

「あの悲惨な情景は忘れられない」

今月上旬、同市北区に住む花澤廣子さん(95)が当時の地図を前に、堺大空襲について語り始めると、カメラを構えた府立三国丘高校定時制課程2年で放送研究会2年の長谷(ながたに)樹亨(たつあき)さん(18)が聞き入った。

花澤さんは24歳だった昭和20年当時、同市新在家町(現・堺区新在家町西)で家族とともに暮らしていた。町中には戦意高揚の歌があふれ、はちまきをして護身術の訓練を繰り返す日々を送っていたという。

7月10日、突如として数機のB29が上空に現れた。「数え切れないほどの焼夷(しょうい)弾が落ち、一面は火の海になった。無我夢中で火の手から逃げた」と花澤さん。「翌朝、町中には死体が累々と積み重なっていた」と語り、「すごい時代だったが、そんな中を生きて抜けて幸せだった」と締めくくった。

長谷さんが所属する放送研究会は、高校生らが堺の歴史を研究・発表する「日本と世界が出会うまち・堺」プロジェクト(堺市など主催)に参加するため、今年6月から週1回のペースで、勉強会を実施。戦時中の堺市について学んできた。古くからある寺などを訪れて当時を知る人を探し出し、花澤さん以外にも戦争体験者2人から話を聞いた。

そのうちの一人、同市堺区の浄得寺の前住職、松井一覚(いっかく)さん(85)は堺大空襲の際、焼夷弾が落ちてくる「サー」という雨のような音に気づいて家族に伝え、危うく難を逃れた。あっという間に辺り一面が火の海に。無我夢中で逃げるあまり家族ともはぐれたが、翌朝戻った寺で無事再会を果たしたという。

長谷さんらは今後もさらにこうした証言を拾い集め、11月のプロジェクトで発表する予定だ。放送研究会顧問の川端祥次教諭(53)は「生の声を聞ける最後のチャンス。戦争の記憶を何とか形に残したい」。長谷さんは「自分たちの住む街なのに知らない事実ばかり。その時代を生きた人から直接話を聞く重要性を学んだ。今後も戦争について勉強を続けていきたい」と話している。

Older Entries