宗教講話

コメントを残す

校長宗教講話 2019年11月12日
【祈り】
只今、田中愛美さんの1年目の命日に対する祈りをいたしました。
3年2組では、愛美さんの月命日12日に毎月祈りをおこなっていると聞きました。
それは、「私たちは、あなたのことは忘れないよ。私たちは、あなたといっしょにいるよ。だから安心して天国で休んでいてくださいね。私たちを見守っていてくださいね。」という祈りです。
カトリック教会では、11月を死者の月と定めています。
教会では死について次のように述べています。
「親しい人との別れは、だれにとっても悲しいことです。しかしキリストを信じる者にとって死が人生の終わりに思えたとしても、新たな人生の始まりであり、目的である天国への旅立ちであることを信じているからこそ、人の死を素直に見つめ、悲しみの中にも安らぎを覚えるのです。」
「キリストは『わたしは復活であり、いのちである。わたしを信じる者はたとえ死んでも生きる』と教えられました。別離の悲しみのうちにもわたしたちは、このキリストのことばに慰めと希望を見いだします」
【受苦ということ】
今日は、「受苦」というお話をします。「受苦」とは苦しみを受けること。
昨日、何気なく新聞を見ていると、京都新聞の「天眼」(天の目)に鷲田清一さんのエッセイが載っていました。鷲田さんは、大阪大学や京都市立芸術大学の学長をされていたこともある哲学者です。
見出しは「私の宗教はコンパッションです」 「コンパッション」って何でしょうか。
鷲田さんが、お寺で親戚の法要をされたときに出会ったイラン人の留学生に「あなたの宗教は何ですか」と聞かれました。イラン人ならイスラム教と答えそうですが、そのときのイラン人留学生の答えが「私の宗教はコンパッションです」だったのです。
イランの貧しい農家が、家族総出で高価なサフランを栽培している。人はこの世に生まれ来て、やがて去りゆく。そのしばしの時間を人とサフランが大地にへばりつき、支え合って生きる。
そうしたところからこの「コンパッション」が生まれたのでしょう。
キリスト教が源のヒューマニズムの語源は「フスム」―これも土のことで、土から生まれ、土にへばりつき、土に返っていく。それが人間の運命だからこそ、そこでの苦労を分かち合う人間観が生まれました。
コンパッションとは「受苦を共にすること」を意味するラテン語です。「他者の苦しみに苦しむ」ということをコンパッションという言葉で表現したのです。
他者の苦しみを感じ、共に苦しむことーどの宗教にも通じる根っこの気持ちが、この「受苦」だと鷲田さんは、語っていました。
コンパッションは、パッションにコミュニケーションのcomがついているように相手の悲しみや苦しみの状況に同情し、共感するとともに「なんとかしたい」という気持ちが込められています。
パッションはキリストの「受難」を表します。「情熱」という意味もあり行動につながります。
キリスト教は、十字架上のはりつけ像を象徴としています。それは「他者(私たち人類)を救済するために自らを犠牲として差し出されたキリストの愛」の象徴です。私たちのためにキリストは死んでくださった。だから、私たちは、くよくよ悩むことはないんだとのメッセージも込められています。
佛教でも「受苦」とは
「すべての人びとの苦しみを自分の苦しみであるとして受けとめ、またその苦しみからの救済を志す 慈悲の心にもとづく行為のこと。」苦しみから救ってくださる仏様。
私たちもその心で人の助けになろうということですね。
【いじめによる死は防げる】
みなさんの身近な例で考えてみましょう。
昨日、2年生が成長教育で聞かせてもらった岐阜大学の近藤真庸先生とお話をしていました。
近藤先生は、「いじめを無くすことは出来ないが、いじめによる死を防げる可能性がある。特別なことは必要でない。言葉でもしぐさでもいいので、「君は一人ではない」というメッセージが伝わればきっと支えになる。と
周りの人は、助けたらいじめが自分に向かう、はぶられるといったことを心配して、黙ってしまいがちです。
「いじめによる死」は、だれも分かってくれないという絶望から来ます。
そうではなくて
「あなたは一人じゃないよ」ということが伝えられたら、人は、死ななくて生きていけるんだ」と近藤先生が仰っていました。
私たちは、他者の 「弱さ」や 「苦しみ」「悲しみ」―受苦に関心を寄せ、それに心を寄せ「同情」したり、苦しみをわかろうとする「共苦」の気持ちをもっています。
私たちは、人がいやがったり、苦しんだりすることを喜ぶ人間ではなく、人の悲しみや苦しみを感じ、いっしょに苦しむことができる人間でありたいですね。
【台風19号被害から1ヶ月】
次ぎに、台風19号被害に対する募金をしました。今日は、台風19号の被害から丁度1ヶ月がたちます。
関東の大きな河川が軒並み決壊をし、大きな被害が出ました。死者が91名、現在も行方不明になっている人が4名、今も3000人の人が、避難所や壊れた家で過ごされています。
また、毎年2年生が学習旅行で行く沖縄の首里城が火災で焼失という事件もありました。私も、TVで焼け落ちる姿を見ているしかありませんでしたが、沖縄の象徴である首里城を失った沖縄の人たちの悲しみは、どんなものでしょうか。
現代は「受苦」の時代です。自然災害や原発事故、交通事故やいじめによる苦しみ・・・
「受苦」の時代だからこそ、互いに助け合うことが求められます。
台風19号の被害に対して、生徒会では何かできることはないかと募金を提案してくれました。
募金をした人はどんな気持ちで募金をしましたか?
「ぼーっと生きてるんじゃないよ」とチコちゃんに怒られないようにでしょうか。
被害の状況や困っている状況を知った以上、だまっているわけにはいきません。
「私は何もできないけれど、あなたたちと共にいますよ。あなたたちの苦しみをいっしょに感じていますよ」「なにかに役立ててください」という気持ちは人としての自然な気持ちですね。
金額は、わずかであっても、募金をするという行為を通じて、被災地とつながるのです。

世界中で悲鳴をあげている人がいます。
わたしたちの学園のモットーもまた「小さきものとあれ」―愛は行動です。
それが私たちの「コンパッション」「受苦を共に苦しむ生き方」なのだと思います。
そして支えることが支えられる事になり、苦しみを喜びに変えることも出来るのではないでしょうか。皆さん一人ひとりにとって、他者とは何かを考えてくれるきっかけになることを願っています。

講堂朝礼(2)「何のために学ぶか」

コメントを残す

さて。「何のために勉強するのか」についてのお話をします。この3月に卒業し、韓国に1学期、語学留学をしていた谷川未来さんからのメールを紹介します。日韓関係が最悪の状態の中でこんな風に感じ、届けてくれました。 (本ブログで10月5日掲載したもの)

・・・・・・・・・・・・・・・

私の韓国での生活ももうすぐ終わりです。

 最近は日韓関係がとても悪く、ご飯屋さんにあるテレビも、街でかけるニュースも日韓関係ばかりです。地下鉄ではNOの文字のOを日の丸にして「日本に行かない」「日本の物を買わない」「日本は安倍に乗っ取られている」といった内容の反日のチラシが張りつけてあります

■タクシー乗り場で

この前、タクシーに乗ろうとした際、運転手に「何人?」と聞かれて「日本人です」と言ったら「日本人は乗るな」と言われてしまいました。私が反日行動を受けたのはそれが初めてでしたが、近くで見ていたお兄さんがタクシーに乗るフリをして車を止め、「運転手さんそれは間違っていますよ」「あなたの感情と仕事は別です、それともこの子があなたに何かしたんですか?」と言ってくれました。

しぶしぶ運転手は「どこまで?」と聞いてきましたが、気分が悪かったのでそのタクシーには乗りませんでした。反日の人がいても親日の人も沢山います。

 ■地下鉄にて

私は地下鉄では席に座らないようにしています。今日もいつも通り立っていたら、普通席に座っている年配の方が「あんたずっと立っとるから座りな!私はあと4駅で降りるから!」と言って席を譲ってくれました。でもそのおばあちゃんは、杖をついてとても4駅も立っていられる感じではありません。「私大丈夫だから座ってください」って言ったら、イントネーションが違ったので「外国人だね〜、日本?」と言われました。

この年代の方は

続き

講堂朝礼 文化祭振り返りより

コメントを残す

講堂朝礼で校長講話をしました。

ーーーーーーーーーーーーーーー

文化祭が終わり、新たな気持ちで学校生活を整えてほしいという願いでお話をします。ふりかえりのアンケートをみせてもらいました。292名のアンケートが返っていました。

二日間の文化祭が楽しかった。よかった。が多かったのですが、今後に生かしていくための意見を紹介します。

「文化祭の準備を進めるのが遅かったと感じました。模擬店に関しては一部の人しか活動をしていないし、いるけど遊んでいる人がいました。6時まで残って準備をしたのも数名でした。そんな状況が一週間続きました。寝る時間も惜しんで頑張ったのにそれが当たり前だと思っている人が多くて悲しかったです。化粧してる子もいたし、働いてない子もいたし、文化祭ってそんな感じなんだなって思いました。 もっと協力して欲しかったです。もう少し周りを気にして欲しかったです。 みんなが協力してくれたら楽しかっただろうなと思います」

「2日目の模擬店の服装について。ルール違反の生徒と先生方は目撃しているのにも関わらず、注意もせず、傍観者となり、ルールを違反した者勝ちだったように思います。今までの学校行事でもそうですが、生徒自身が大人になりルールを守らなければなりません。また、先生方が決めたルールをしっかり注意していかなければ、日星はもうひとつ上のステップに上がれないと思います。私は日星の一生徒にすぎませんが、私の意見で日星が少しでも変わることを祈ります。」

「文化祭って言う行事は体育祭よりもさらにクラスの絆を深められる最高の機会だと思うし、自分の役割に責任を持って行動することがどれだけ大変か、改めて実感することもできるから。」

「生徒の意見も取り入れルールを決める。決めたことはみんなでやり遂げる。」そんな学校にしたいですね。お互いに今回の振り返りを生かし、ひとつ上のステージへあがりましょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

文化祭で歌ってくれた大槻美奈さんからも次のようなメッセージをいただいています。

続き

「8月31日のままのあなたへ」感想(その3)

コメントを残す

感想3回目をお届けします。こんなふうにしっかりと自分のこととして受け止めてくれたこととてもうれしく思います。

• 休み明けはしんどいけど、楽しいことを思い出せば、自然と楽しくなる。

• 命を大切にしようと思いました。

• 学校に行きたくないという理由で死にたくないなと思いました。学校がしんどかったら自殺を考えるのではなく少し休んでリフレッシュをするなどすればいいと思います。私は頑張って学校に行きます。

• 話を聞いて、私も同じことを思っているし学校に毎日行きたくないと思いながらいるので、もう少し前向きに考えたいと思いました。

• 今日のお話を聞いて夏休みの生活から学校のある生活に戻るにはなかなか気持ちがついてこない中、僕は思い切って切り替えるようにしているけれどみんながみんな同じタイミングで切り替えることが出来ないと思うので、周りの人の事も考えて学校生活を送って行きたいと思いました。また、学校はある程度知っている人ばかりでその人の事も少しは分かっていて過ごしやすいけれど、社会に出ると色んな人が沢山集まっているので普段から周りの人の事を気にしながら過ごして行きたいです。でも、自分は自分にしかない人生を歩んでいるので悔いのないように自分自身はのびのびと自由に生きていきたいと思いました。

• 自殺は良くないと思いました

続き

校長講話 「まだ8月31日のあなたへ」

コメントを残す

校長講話 「まだ、8月31日のあなたへ」

今日は、9月の3日

学校が始まって1週間が経ちました。

まだ、心が、モヤモヤしていたり、提出物になやんだり、ずっと休んでいる人もいます。そんな人のことが心配で、この時間をいただきました。皆さんにどう言えばメッセージが続くのかずっと考えていました。

8月31日、土曜講座で勉強にきていた生徒数人にインタビューしました。

「夏休み明けとか、土曜講座とか ちょっと休みたいなって気持ちあるよね」

「あるある」「そんな時どんな風にスイッチ入れるの?」

「しかたなしにって思う」「うーん。勉強余り好きでないけれど、学校は楽しいから来る」

「私もいっしょ」「私は、音楽とか聴いて、いやな気持ちを忘れる」「そのうちだんだん、学校のペースになれてくる」って答えてくれました。

夜になるとNHKのテレビで「8月31日の夜に」と言う番組をずっとやっていました。

番組に寄せられた手記の朗読を聞いてください。

(朗読1  朗読者 生駒里奈さん )

高校1年生の夏休み最後の日、本気で思った。心の中で願った。どうかどうか夏休み最初の日に戻してくださいって。

高校に入ってから朝起きられないことが続いた。布団の中で体が固まってしまって何度も学校休んだ。ただ体と心がひどく疲れているみたいで何もする気が起きなかった仕方ないね、「何もやってません」て言うしかない。

いいよそんなふうに言われて、始業式の自分を想像する。白紙の提出物を出す自分。どうしてこうなっちゃったんだろう。あの時まで戻れたらいいのにタイムマシンがあったらいいのに。

続き

未来さんの韓国だより その4 日韓の間で

1件のコメント

日韓関係が悪い中、普通の韓国の人たちの様子やそこで健気に生活している未来さんの素敵なレポートです。

ーーーーーーーー

最後にメールを送ってから特に何事もなく平凡にすごしていました。

私の語学留学生活ももうすぐ終わりです。

校長先生はウズベキスタンにいらっしゃると聞きましたが如何お過ごしでしょうか😳

最近は日韓関係がとても悪くご飯屋さんにあるテレビも街で見かけるニュースも日韓関係ばかりで地下鉄ではNOの文字のOを日の丸にして「日本に行かない」「日本の物を買わない」「日本は安倍に乗っ取られている」といった内容の反日のチラシが張りつけてあります。

この前はタクシーに乗ろうとした際、運転手に「何人?」と聞かれて「日本人です」と言ったら「日本人は乗るな」と言われてしまいました。私が反日行動を受けたのはそれが初めてでしたが、近くで見ていたお兄さんがタクシーに乗るフリをして車を止め、「運転手さんそれは間違っていますよ」「あなたの感情と仕事は別です、それともこの子達があなたに何かしたんですか?」と言ってくれました。しぶしぶ運転手は「どこまで?」と聞いてきましたが気分が悪かったのでそのタクシーには乗りませんでしたが、やはり反日の人がいても親日の人も沢山います。

続き

教室配置への思い

コメントを残す

今年は新しい教室配置にしました。進路室を2階にあげ、進路室の前に3年生教室を配置しました。日常からのキャリア形成、進路意識を高めることが大切だからです。
2年生教室は、図書室に近いところにしました。図書室も積極的に活用して学んでほしい。先生が書いたことを写すのでは本当の意味での勉強になりません。自分で課題をみつけ、調べる、これからの時代、そうした自ら探究する力が求められます。
1年生はコモンズに近いところです。学習を基礎からしっかりしてほしい。2年生であっても分からないまま放置せずに、気軽に質問が出来る。友達どうして教え合える、放課後、ちょっと勉強して帰る。そんな場所として学習支援センターコモンズは学校の中心に置かれています。
先生方もつながり、チームとして皆さんをサポートしようと保健室・生徒部室を、職員室の近くにもってきました。事務室と職員室をつなげました。
みなさんの教室とそれ以外の場所が、みなさんの毎日の学校生活の充実と希望の進路実現につながるようにという願いを込めて春休み中に先生方みんなで引っ越しをしました。
先生方も、世界を開いていこうと職員室の窓を透明ガラスに取り替えオープンにしました。先生同士、先生と生徒が、距離を縮め、互いを気遣うための「見える化」です。中が見えると廊下を静かに通ろうって気づきますね。
私たちは「チーム日星」として最大限のサポートをします。そのための舞台装置は整いました。そこで力を発揮するのは皆さん自身です。どうかそんな1年にしてほしいと願っています。

Older Entries