今日から学校再開です。

コメントを残す

校長メッセージ 各教室で動画を見てもらいました

学校再開に当たって「大切にしてほしいこと」

2020年5月25日

みなさんおは今日から学校再開ですね。長い休校の間どのように過ごしていましたか?

いろんなことがあったと思いますが、感染予防に気をつけ、命を守る取組をした結果、みんなが元気に学校に戻ることができたことを一緒に喜び合いたいと思います。

その喜びの気持ちともどかしいと思っていた気持ちを大切にしてほしいと思っています。

また、長い休みの中で抱えたストレス、不安や心配事もあります。不安がどこから来るのか、何を考えたか見つめ続けてください。友達や先生に話すことで気持ちが楽になるならば、お互いが助けあえる存在になれます。まさに「ピア、サポート」です。

では、私なりに振り返って気づいたこと考えたことをお話しします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー―――――

まず、動画を見てください

新型コロナウイルスによる死者が一時、世界最多に上ったイタリアの北部、1日に800人もの人が亡くなったベルガモという町の人たちの姿です。医療従事者への支援のために作られ、toutubeで聴く著作権を病院に寄付されました。すでに1500万人以上の人が聴いています。

「Rinascero’,Rinascerai 」リナシェロ・リナシェライ  イースターにちなんで「復活」ですが、(今は生きるのも難しい状況だけれど)わたしは、このままでは終わらないよ、必ず生まれ変わるよ。あなただって同じだよ。(だから、決してあきらめないで……)

未来の私とあなたは、決してこれまでと同じではないんだよという気持ちを歌っています。テロップは私が頑張ってつけました。聴いてください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー―――――

必ず生まれ変わるよという希望と決意が伝わりましたね。皆さんも生まれ変わるのです。

イタリアは、3ヶ月外出制限が続いていて、先週の18日に解除されました。

ウズベキスタンで出会った高校生とインスタで尋ねましたが、まだ、外出禁止で、車にも乗れない。検疫があり、学校もZoomによる授業だけで、試験もOnlineで行われると言っていました。

世界の多くの人々は、まだまだ、ロックダウンした街に閉じ込められています。これからアジアやアフリカへ拡大していくと言われています。

この休みの間に、「ペスト」という本を読みました。50年ほど前に書かれた本ですが、

今のコロナの世界が預言されていました。

世界の歴史の中で何度も流行し、14世紀には人口の8割がなくなるという感染症のすざましい様子が書かれています。人間が人間の尊厳を失っていく姿、そして病のピークが過ぎ去った後の人々の喜び、自由を求める姿が100年後の今と重なります。そして、次のような警告もあります

「私たちが忘れた頃にまた、人間に、不幸と教訓をもたらすために、再びやってくるであろう」ということも書かれています。

 

「京都府の緊急事態宣言も解除」と21日に報道がありました。

宣言は、人間が決めたもので、解除した府県や国であっても、第2波、第3波の大流行が今、心配されています。

コロナは、どこかに潜んで生き続けます。ワクチンが開発されても、ウイルスが突然変異を起こしていくために効かないかもしれません。1年・2年の長期戦になるとIPS細胞を発見した山中伸弥教授も言っています。

 

◇困難の中で

さて、そんな中で、京都府北部の学校の多くが、今日から再開です。

長い休みが続きました。

皆さんは、これまでの事態をどう捉え、学校再開という今をどのように感じていますか。

 

「突然、打ち切られた日常」でした。1年生は数日の高校生活が中断しました。学校が突然なくなって初めて、何気無い日常の大切さを感じる事ができました。学校が担っていたものに気づきます。

1年生も入学後数日で中断です。

友との何気ない語らいやおはようの挨拶、みんなで一緒にする活動、行事、協同の学びなどなど、普段、当たり前にできていたことのありがたさを身にしみて感じる事が出来ました。登校日にも笑顔が戻っていましたね。

 

部活も停止。インターハイも、野球の大会も中止でした。突然無くなった目標。新しい目標を立てて前に向かうしかありません。

 

そんな時期を越えて、今日の日があります。「やっと元にもどった」「ホッとした」という気持ちですね。けれど、前と同じ自分に戻ったのではありません。

Stay Home の中で見えてきたものは何だったでしょうか。

 

◇Post Corona  with Corona

新しい生活様式が提唱されています。

Social Distance・人との間隔をあける。対面しない。マスクをして喋らない。三密の解消などが勧められます。

感染予防にはこれからも必要なことですが、まさに、コロナは人間の最も人間たる部分へ食い込み、分断を狙っています。

皆さんの感じた不安―それは、見えないウイルスへの不安とともに、人間の頼りなさや思い通りにいかない不条理な気持ちもあったと思います。それを大切に取扱い、書き留めておいて欲しいのです。

また、私たち誰もがStay Home の中で感じた、「人に会いたい」「つながりたい」「いっしょに学びたい」という気持ちは、人としての自然な欲求です。

Zoomでできたことはたくさんあります。けれど、もどかしく感じたことの中に大切なものがあります。それが、AIの時代になっても残っていく、人としてのかけがえのないものなのだろうと思うのです。

学校が始まります。友達にもずっと会える。1時間1時間を大切にし、人や物や出来事との新しい出会い、新しい学校生活を作っていきましょう。

現実は厳しい。

しかし、社会の現実もまたみなければなりません。

コロナによる経済不況は、会社の採用も大きく変えるでしょう。

ANAのような大きな会社も今年は、求人を見合わせと言っていますし、舞鶴での就職も厳しい。戦後最悪の就職氷河期と言われています。そのあおりが高校生にもやってきます。大学入試のアウトラインも見えません。親の仕事がなくなって進学を断念せざるを得ない人も出てきています。

家族の一員として、また、我が事として悩んでください。9月入学の検討など、いろんな事が動いていく時代です。日本中がこうですから、焦っても仕方がありません。現実をしっかりと受け止め、ピンチをチャンスに変える事が出来ないか考えるのです。そして今、自分のやるべきこと、できることを確実にやっていきましょう。悩みを相談する先生や友達の存在、クラスメートが互いを支え合う事がとても重要になってきますね

◇「マナビヲトメルナ」×ICT

先生たちも頑張ってきました。「一人ぼっちにしない」「生活習慣を崩さないでほしい」「学びを続けて欲しい」との先生たちの熱い願いが、新しいチャレンジを生み出しました。

学校から在宅勤務から生徒とOnlineでつながります。「Onlineだけれど、クラスのみんなに会えて安心だった」「Online朝礼でみんなの顔を少し覚えることができた」といってくれています。

Onlineであっても出会う大切さを教わります。互いに気遣い、困難な毎日を一緒に乗り越えてきた仲間です。

みなさんも少しでも互いに意見を交流時間がもてました。集中してやった人が多かったと思います。これからの教室での授業でも、学びの主人公として、互いが繋がり学び合う事が出来ますよう願います。先生方の取り組みを見てください。

(動画)

◇ 「喜んで人のために」×愛   To be for

コロナとの闘いで、医療従事者をはじめ、多くの人が私たちのくらしを支えてくださっていることにも気づかされます。

看護科の人たちは、過酷な状況下に使命感をもって働く先輩の姿を将来の自分と重ねます。厳しい現実とそれでもそれに向かう勇気をいただきます。

コロナは、環境や自然破壊、経済優先など私たちの自己中心的でいきすぎた行動の結果だとも言えます。工場や飛行機が止まって、青い空が見えた国もあります。反対に、世界中でZoomを使いこれだけのコンピュータやインターネットの利用が進むことが、環境にどんな負荷を与えていくかも課題かも知れません。これからはそうしたことに気づき解決の方法を考えていく力が必要です。

◇イマデキ  みなさんは、高校生です。支援される人でもありますが、支援できる人でもあります。だから「自分たちにできることは何か」を考えて欲しいのです。

看護科生は、お世話になった高齢者施設に手作りマスクを届けようとして突然の休校に止まっています。でもまだまだ、必要としている人がいます。

「先生、学校が休みになって、みんな何をしているのだろう。お互いを知ったり、励ましあったりしたいですね。」と話してくれました。自分がしてもらって嬉しいことを、隣の人から、クラスのみんなと考えて欲しいことです。余ったマスクを集めようとの動きも聴きました。私たちの小さな気づきが、ほんのちょっとの想像力が、小さな勇気が、世界を変えていきます。

◇人は、人を勇気づけられる存在です。

チアリーディング部のメンバーが、日星を元気に、舞鶴を元気に、そして世界を元気にと作ってくれた動画です。みてください。

Stay Home  から Enjoy SchoolへMake Yourself with many friends in Nissei.  負けないで、みんなで新しい学校生活作っていきましょう。

 

イタリアからのメッセージ

コメントを残す

私がお世話になっているカトリック学校連合会事務局の品田さんからメールが届きました。お読みいただき是非音楽をきいてください。美しいベルガモの風景と人々のメッセージ。Rinascero「イースター=復活」の月に元気をいただけます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

カトリック学校連合会の品田です。今日は一つ、お知らせとお願いの私信です。
◎ 昨日、教会の友人から下記メールを受け取りました。
ミラノ近郊にある、昨日だけで800人が無くなったというベルガモという世界遺産の街で、医療従事者を支援しようと現地の作曲家がRinascero (復活=私は蘇る)という曲を作り、著作権をベルガモ市民病院に寄付しました。 YouTube等通じ、再生のたびに、広告、著作権など、すべての収入がベルガモの医療崩壊を救うための寄付金となります。一人でも多く、一回でも多くYouTubeで再生して広げていただくことが、現地支援になります。下記の情報を転送いただくだけでも、支援が広がります。イタリアの医療支援になりますので、もし宜しければ、他の方にもお伝え頂けたらと思います

◎ 素敵PVだなぁイタリア留学体験のある知り合神父さまにこのPV紹介したところ、素晴しい解説をしてさいました。
さて、「Rinascero’,Rinascerai」のPVは他の方々からも紹介されました。わたしがイタリアで学んでいたころの修道会の神学生の一人で、後に専門的に聖書を研究することになった司祭の出身地がベルガモで、彼の家は郊外にありましたが、休暇中にお世話になったこともあります。
イタリアン・ポップ・ミュージックは、メロディーの美しさとメッセージ性がすばらしいです。
rinascere」という動詞は、日常的にも使われる言葉で翻訳が難しいです。
「復活する」、「よみがえる」という強い意味よりは、「立ち直る」、「生まれ変わる」、「死んだままではいない」といったニュアンスをダイレクトに伝える言葉のように感じます。ラテン系の言葉の主語を省略できる特性や、未来形のニュアンスを見事に表現しています。「(今は生きるのも難しい状況だけれど)わたしは、このままでは終わらないよ、必ず生まれ変わるよ。あなただって同じだよ。(だから、決してあきらめないで……)」無理やり意訳するとこんなメッセージでしょうか。
単に未来の希望のメッセージだけではない、今の苦しみを正面から受け止めた言葉のように感じます。だからこそ、未来のわたしとあなたは、決してこれまでと同じではないはずだ、という希望と決意を歌った歌ですね。
日本でしばしば耳にする、「早く元の平穏さが戻ってくれれば……」というのとは違った、福音的、創造的メッセージが含まれているのですが、日本人には通じるでしょうか。
皇フランシスコも菊地大司教も言っておられますが、コロナ・ウイルス後の世界はもはや過去の世界とは同じではありえません。それは、人間が、社会がこのような体験をとおして、変わらないはずがないからです。
◎ 解説是非聴きください。きっと、元気くるといますそして、よろしければお知り合にも紹介ください
このトンネルの中、さま心身ともにやかありますように。

 

入学式を実施しました。 

コメントを残す

2020年度 入学式 式辞

皆さん、入学おめでとうございます。

臨時休校のため、3月の合格者出校日も中止となり、こうして皆さんが集まるのは、今日が始めてですね。
舞鶴市副市長山口ひろし様には、新年度の、
またコロナ対策など大変な時に、激励にきていただき誠にありがとうございます。
今年の日星高校の生徒数は、入学者140名(総合コース93名、特進コース11名、看護科5年課程36名)を加えて410名、専攻科79名を合わせて、489名です。中3生が減少の中、昨年より26名増え、この20年で一番多い生徒数となりました。
これも、ひとえに地域の皆様、保護者の皆様、そして舞鶴市唯一の私学として応援いただいています多くの皆様のご支援の賜物と感謝しています。
さて、新入生の皆さん。皆さんは入試の形は様々ですが、入学試験に合格して本校生徒になりました。自分の頑張りに、日星の一員となったことに誇りをもって歩んでください。

卒業から入学という人生の大きな節目が新型コロナウイルスによって例年にない形になりました。私たちの生活も、強制終了―もう一度リセットして新しい生き方を求められているのだと思います。
あたり前に思っていた学校や部活の練習、友達とのなにげないおしゃべりの時間も突然、打ち切られてしまうことがあるのです。
一方で大切なことに気づかせてくれます。当たり前の日々の大切さ、周りの人への感謝、一人一人の責任など、皆さんはどんな風に感じていますか。

昨日、政府より緊急事態宣言が出されました。 京都府北部の学校は、感染予防に留意しながら学校は再開します。突然突きつけられる理不尽な事態であっても、それを受け止め、自分がどう考え、行動するのか、何ができるのかが問われます。
世界中で、医師や看護師、医療スタッフが、献身的な働きをしてくださっています。スーパーのレジ係や商品棚を補充してくださる方々もまた、困難な中、私たちの生活を維持してくださっていることに感謝を伝えたいと思います。
本校でもいつまた臨時休校をしなければならないか分かりません。心配や不安もありますが、今、できることを一生懸命にやることで前に進むしかありません。

日星高校の建学の精神は「小さき者とあれ」です。看護科専攻科の皆さんは、この精神に則り、マスクを手作りし、実習でお世話になっている高齢者の施設に届ける準備をしています。感染予防は、自分を守ることはもちろんですが、みんなの命を守る行動でもあります。後ほどお話しする感染予防や差別や偏見のないよう一人一人の行動にかかっています。

入学は、ゴールではありません。皆さん一人ひとりが人生の主人公として自分のキャリアを作っていく場所です。授業では地域社会と一層繋がり、SDGsで世界の課題も考えます。そのためにも、基礎基本が欠かせません。中学校の学び直しの必要な人もたくさんいます。しっかりとした学習によってThink Local Act Global「地域社会を考え、世界で活動」していけるようしっかり学んでいきましょう。
私たち教職員も、「チーム日星」で皆さんを全力でサポートします。けれど、やる気のスイッチを入れるのは皆さん自身です。聖書の言葉にあったように「求めよ、さらば開かれん」なのです。
神様は、もともと私たち一人一人にかけがえのない命と能力を与えてくださっています。それに気づき、磨くこと。それが求めよということです。 皆さん一人ひとりが、自分の能力タレント、自分の使命ミッションを見つけ、共に未来をつくっていきましょう。

保護者の皆様 お子様の入学 誠におめでとうございます。
本校では、北部の高校の中で唯一、ICT環境が整っています。休校中のオンライン授業や昨日の始業式も教室へライブ配信して行うことができました。そうした最先端の環境も活用し、新しい時代に必要な資質も積極的に育てていきたいと考えています。費用面でご負担をかけることもありますが、未来に生きる子供たちへの投資としてご理解いただきますようお願い申し上げます。
あ困難の中にあっても希望を生み出し、「人と共に、人のために、より豊かに」、高校生活をスタートさせましょう。
皆さんの前途に神様の祝福がありますようお祈りし、式辞といたします。

2020年4月8日

聖ヨゼフ学園日星高等学校
校長 水嶋純作

はじめに言があった。始業式に

コメントを残す

3学期 始業式に
新年明けましておめでとうございます。
何がめでたいと私も高校時代に思っていました。
受験生にとっては、今年のセンター試験まであと10日。それが終わらないとちっとも
めでたくなんかないですね。
けれど、ここにこうして集まれたことがおめでたいことですし感謝です。
このように人間は、昔から暦を使い、事あるごとに 気持ちを切り替えてきました。

例えば失恋をします。何でふられたんだろうとふりかえり自分を高めていくきっかけにすることは大切ですが、失恋をいつまでも引きずっていても前に進めませんね。
そんな時、気持ちを切り替えてきませんでしたか。野球でも、点数を入れられたとしても、気持ちを切り替えて、向かっていくそんな生き方をしてきました。
令和という区切り、新年という区切りを3学期という区切り、新たな気持ちへの切り替えのチャンスにしましょう。

切り替えのために必要なことはなんでしょう。
みなさんも新年の抱負を言葉にしませんでしたか。
「よし今年こそ甲子園」「よし、今年こそ00大学へ、就職への進路を決めるぞ。」「成績をあげるぞ!」と言葉にして外に出すのです。
言葉には命があります。だから、言葉にしたように人は方向付けられるのです。

新約聖書(ヨハネの福音書第一章第一節)に
「初めに言があった。言は神と共にあった。
言は神であった。この言は、初めに神と共にあった。
万物は言によって成った。
成ったもので、言によらずに成ったものは何一つなかった。
言の内に命があった。命は人間を照らす光であった。
光は暗闇の中で輝いている。」
とあります。

続き

クリスマスメッセージ

コメントを残す

教皇フランシスコの言葉

2019クリスマス講話 教皇メッセージ

終業式校長講話(2)

コメントを残す

運動部は、試合にでるという目標がありますが、文化クラブもいろんなところで頑張っています。今日は、書道部とSクラブのこの町でのがんばりを紹介しておきます。
書道部は、11月に舞鶴市の戦没者慰霊祭で書道パフォーマンスを行い、その作品が市役所のロビーに飾っていただいています。
それから、毎年開催されている阪神淡路大震災の追悼行事である「1.17の集い」につかう竹灯籠に祈りの文字を揮毫しました。「まいづる竹林整備・竹活用ネットワーク協議会」が、今年からこの行事の支援をされることになり、日星高校と東舞鶴高校の書道部に文字を書く依頼がきました。
日星からは、3の2の有本君と3の4の荻野さんが出てくれました。
「こうした市民の行事に高校生も参加することで、市民同士のつながりや次世代に阪神淡路大震災の記憶を引き継ぐことができる」と趣旨に書かれていましたが、大変意義のある取組です。
また、インターアクト部も書道部といっしょにこの扇子を制作してくれました。真ん中に友情や絆などの文字、そして日本とウズベキスタンの国旗。この扇子8本を、ウズベキスンの大統領にプレゼントしました。大統領はこの17日から今日まで日本に滞在されていますが、引き揚げの歴史やオリンピックのレスリングと柔道競技のホストタウンとしてのつながりのある舞鶴そして日星とウズベキスタンの友情の証として市長さんに届けていただきました。オリンピックの聖火ランナーの発表もありましたが、みんなでオリンピック・パラリンピックを盛り上げ、友情をそだてていきましょう。
Sクラブは、毎年、友愛訪問として一人暮らしのお年寄りにクッキーとクリスマスカードを届けています。カードづくりの担当の人、クッキーを焼く係の人、友愛訪問の係の人が、余内地区の民生委員さんと一緒に届けました。
参加した人の感想を紹介します。

続き

2学期終業式

コメントを残す

20日終業式 校長講話(1)

2019年2学期 終業式に

まず、先日の校長講話 というより教皇フランシスコのメッセージの感想をたくさんの人かかえしてくれました。ありがとう。みなさんがしっかりと心で受け止めてくれたことを嬉しく思います。
少し紹介させてください。
・まず「いじめについて」パパ様の話を聞いて少しいじめに対する勇気が出ました。いじめは難しい問題だと思うけど立ち向かわないといけないといつまでも無くならないので改めて立ち向かう勇気が大切だと思いました。
・私はいじめを無くすことは不可能なことだと思いました。 でもいじめをされている人を助けることは出来ると思います。いじめられた人に寄り添い、「大丈夫?」と人声かけるだけでも大きな救いだと思います。 私ももしかしたらいじめをする立場、される立場にいつなるかわかりません。 でもどちらの立場に立った時もこのお話を思い出してどうすればいいのか考えたいと思いました。
・最初は、よくあるイジメについての話と思ったけど途中からあった、生きること、考え方のことなど、色々と考えることのある話だった。聞いて自分には、聖書を読む、教会に行くと言う感覚はないけれど、心の拠り所があることが、大切なのだと思った。
・人生の中で行き詰まった時や何か乗り越えなければならなくなった時に、自分に問いを見いだし、誰の為に生きているのかを考えようと思いました。
・何のために生きるかじゃなく、誰のために生きるかを考えなきゃ行けない。
・他人を思うことが大切だと分かりました。優先順位を自分優先にするのでなく人のためと考えて行動出来れば良いなと思います。

続き

Older Entries